GODZILLA2014_サムネ

U-NEXT無料お試しで視聴できます

31日間無料です

 

アメリカ映画「GODZILLA(2014年)」。

 

 

 

日本映画史に残る怪獣ゴジラをハリウッドが作ったという怪獣映画。

 

 

同じくハリウッドで作られたGODZILLA(1998)はゴジラの意味がないので、ハリウッド版ゴジラを見たいならを見たいなら「GODZILLA(2014年)」を見ることをお勧めする。

 

 

 

ですが、怪獣対怪獣の迫力のあるバトルは見ごたえがあるものの、映るのはムートというコウモリみたいな敵役怪獣ばかり。

 

 

ゴジラ大暴れを期待してる方にはあまりお勧めは出来ません。

 

 

 

 

それでは、ここから『GODZILLA』のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介していきます。

 

映画『GODZILLA』 のあらすじネタバレ

 

1999年。フィリピンのとある炭鉱で地震による崩落事故が発生し、炭鉱の奥から巨大生物の化石(ゴジラ)無傷の卵、そして割れた卵があり、割れた卵からは外に這いずるような跡が見つかった。

 

 

その後日本で、謎の地震により、原子炉建屋が倒壊する事故が発生した。

 

 

 

 

この日から15年が経過。

 

 

ゴジラなどを研究する秘密組織『モナーク』はこの倒壊した原子炉跡で卵(ムート)を観察していた。

 

 

その矢先、この原子炉跡周辺の立ち入り禁止区域にてジョーとフォードという親子が拘束された。

 

 

モナークの研究員の芹沢はジョーのあまりの詳しさに唖然とするもこの時、卵が孵化し暴れまわる。

 

 

モナークはムートを探すために残されたフォードに協力を求める。

 

 

そしてフォードは、「会話するように音を出していた」と言っていたことを思い出す。

 

 

芹沢はムートを殺すために、ゴジラが再び現れることを推測する。

 

 

 

 

芹沢の推測通りにムートが現れたハワイにゴジラが姿を現すのだが、ムートは飛び立ってしまい、ゴジラもそれを追って海に消える。

 

 

 

フォードが語った『会話』からムートが逃げた場所はフィリピンで発見された卵のもとだと推測。

 

 

卵はあまりの放射線量の高さから、核廃棄施設であるユッカ・マウンテンに投棄されていた。

 

 

 

しかし気づいたときにはすでにこの卵は孵化し、ラスベガスで食事をしたのち、サンフランシスコを目指していた。

 

 

 

ゴジラと2体のムートの集合地点はサンフランシスコ。

 

 

 

人類は核爆弾の使用も覚悟して3体を迎え撃とうとしていた。

 

 

 

ここが変に感じた。先に孵化してたムートはなにしてた?

 

冒頭のフィリピンで発見された割れた卵。

 

 

ここでメスのムートが孵化したはずなのだが、なんで今までなんの報告も上がっていなかったのかよくわからない。

 

 

ムート騒動が始まったのはオスのムートが孵化してからだし、先に孵化したメスのムートが原発を求めてどこかを襲撃しそうなものだがそういった災害は何もない。

 

 

 

作中、「オスが成長するのを待っていた」というようなシーンがあるが、待ってる間に食事しそうなんだがなぜだろう。

 

 

 

そもそも、ほぼ生まれたばかりなのに交尾できるものなのだろうか?

 

 

それから、ムートが街に産み付けた卵もかなり小さく、ちょっとつじつまが合わないような気がします。

 

 

GODZILLA(2014)の感想 日本のゴジラシリーズにかなり近い

 

本作は日本のゴジラシリーズの後期型『正義の怪獣ゴジラVS悪の怪獣●●』を意識した形になっています。

 

 

アメリカらしいつくりでゴジラを作ってくれてうれしいのだが、ゴジラにスポットが当たるのがだいぶ後のほう。

 

 

映像の主役は暴れまわるムートだったので、期待していたものとは少し違ったが・・・。

 

 

個人的にはむしろそっちのほうがいいって思うようになった。

 

 

 

日本のゴジラ映画・・・特に平成シリーズを批判することになるが、ゴジラに歩み寄りすぎているんですよね。

 

 

そのせいで、安っぽい三文芝居を見ている気分になるのですごく微妙だった。

 

 

むしろ、ゴジラが正義の怪獣だとわかっているなら、敵側怪獣にスポットを当てたほうが自然なのでは?と思うようになった。

 

 

 

 

ムートの脅威や強さを散々見せつけられましたからね。

 

 

終盤、そんなムートをどうやって倒すのか。怪獣アクションは迫力があって爽快でした。

 

 

特にメスのムートへのとどめの光線の当て方は納得がいきましたね。

 

 

 

 

本作の不満点としては人間サイドがよくわからん動きばかりしていた。

 

 

主人公のフォードにとって都合のいい展開が多かったことや核爆弾の扱いがなんだか雑。

 

 

ゴジラを研究していた組織『モラーク』も何してるのかさっぱりわからない。

 

 

渡辺謙が熱演してくれているのだが、君たち別にいらなくないか?って思う。

 

 

 

よく小学生の子供が「俺知ってるんだぜ~」っていう知識人アピールしますがあれの大人版を見た気分です。

 

 

 

一応これから本作の続編である『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』を見るのだが、人間サイドはもうちょっと意味のある役であってほしい。

 

 

まぁ、メカゴジラとかモゲラとか小さい妖精とかサイキックとか出てきたら萎えるんだけどね。

 

 

それか、ゴジラに親友を殺されて復讐する男とかね?

 

 

多分アメリカはそういうの(がいらないことを)わきまえてるから大丈夫だと思うけども。

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

 

GODZILLA2014_サムネ

 

 

タイトル GODZILLA(2014年)
ジャンル パニック、モンスター、アクション
制作国 アメリカ
上映時間 123分
日本公開 2014年7月25日
監督 ギャレス・エドワーズ
脚本 マックス・ボレンスタイン(メイン脚本担当)
フランク・ダラボン
デヴィッド・キャラハム
ドリュー・ピアース
デヴィッド・S・ゴイヤー(ノンクレ)

 

おすすめの記事