ハクソー・リッジ_サムネ

2016年のアメリカ映画『ハクソー・リッジ』。

 

 

信仰に身を捧げた男が、戦争において教義を守り、自分の在り方を定めて武器を持たずに衛生兵として戦場に起つというシナリオ。

 

 

主人公の信念は鋼のようで、しかし、とても柔らかく、温かい。

 

 

本当の意味での覚悟と信念が描かれており、いやもこれ以上書くのはよそう。

 

 

四の五の言わずに見てほしい。人間の強さというものが描かれた名作です。

 

 

 

「ハクソー・リッジ」はU-NEXTの無料見放題対象の映画ですので体験期間中ですぐに見ることが出来ます。

>>U-NEXTで「ハクソー・リッジ」を見る<<

ここがポイント
31日間の体験期間で600円分のポイントがもらえるのでポイントが必要な映画は無料で見ることができます♪
試してみて「使わないかな?」って思ったら登録から31日以内なら月額料金は発生しません。極端な話。プレゼントされた600ポイントだけを使って退会してもOKなのだ!

 

デズモンド・ドスと弟のハロルド・ドスの兄弟はある日さしたる理由のない喧嘩をする。

 

 

この際、デズモンドはレンガブロックを使って弟を死なせかけてしまい、これをきっかけに相手を殺傷することの罪深さを学んだ。

 

 

そして15年が起ち、デズモンドは看護師のドロシーと恋に落ちるのだが、弟のハロルドは第二次世界大戦に出征を決意。

 

 

デズモンドもドロシーにプロポーズをしつつも、衛生兵になることを決意する。

 

 

これについて、父親のトーマスは反対し「奇跡的に生き残っても神に感謝する気にはなれない」と釘をさす。

 

 

デズモンドはクローヴァ大尉の部隊に配属され、野山で育ったおかげで厳しい訓練を難なくこなすのだが、ライフルだけは触ろうとはしなかった。

 

 

幼いころに学んだ神の教えとして学んだからだ。

 

 

これについて上官たちはデズモンドを除隊させてようとするものの、デズモンドはどんな嫌がらせにも耐え、誰に殴られてもその決意はみじんも揺らぐことはなかった。

 

 

この結果、結婚を予定していた日に休暇を取ることが出来ず、それどころか命令不服従で軍法会議に掛けられる。

 

 

その窮地に立ち上がったのが、デズモンドの父トーマスだ。

 

 

トーマスはデズモンドのために、かつての上官を頼り、一筆書いてもらったのだ。

 

 

デズモンドの主張は認められ、ハクソー・リッジにて衛生兵として戦場に起つ。

 

 

次々と味方が倒れていく中、デズモンドは恐怖を押し殺して仲間たちを助けていく。

 

 

しかし予想以上に多い敵の数に撤退。

 

 

無力感に苛まれたデズモンドは神に自分がどうすべきかを語り掛け、そして仲間たちが求める声のためにたった一人で戦場にとどまる。

 

 

ハクソー・リッジはどこが舞台?第二次世界大戦のどのあたりの歴史?

 

ハクソー・リッジは地獄と呼ばれるほどの激戦である『沖縄戦』を舞台にしています。

 

 

具体的には浦添城址の南東にある「前田高地」でのこぎりで切り取ったような崖を上って戦ったことから『ハクソー(のこぎり)・リッジ(崖)』と呼ばれています。

 

 

この沖縄戦の期間は1945年3月26日から6月23日までの間で、第二次世界大戦が終わる2か月前に終結しました。

 

 

この沖縄戦をテーマにした映画やドラマはたくさんあり、考察、伝記、研究史、体験記などさまざまな記録が残されています。

 

 

正直、気が滅入りますが戦争の悲惨さを忘れないためにも目を通したほうが良いでしょう。

 

 

 

●作品のまとめ表

タイトル ハクソー・リッジ
ジャンル 戦争、伝記
制作国 アメリカ、
上映時間 139分
日本公開 2017年6月24日
監督 メル・ギブソン
脚本 ロバート・シェンカン
アンドリュー・ナイト
メインキャスト デズモンド・ドス(演:アンドリュー・ガーフィールド)

グローヴァー大尉(演:サム・ワーシントン)

スミティ・ライカー(演:ルーク・ブレイシー)

ドロシー・シュッテ(演:テリーサ・パーマー)

トム・ドス(演:ヒューゴ・ウィーヴィング)

バーサ・ドス(演:レイチェル・グリフィス)

ハウエル軍曹(演:ヴィンス・ヴォーン)

ハル・ドス(演:ナサニエル・ブゾリック)

ハリウッド(演:ルーク・ペグラー)

 

ハクソー・リッジ 感想 人間の気高さが描かれた名作

 

恐らく自分が最も好きな戦争映画となるだろう本作。

 

いや、一人の男の信仰心を描いた作品なので戦争映画というと語弊がある。

 

 

作中でその信仰心が何度も試されています。

 

 

ライフルを持たないことを非難され、孤立しても、仲間たちから攻撃されても、上官から諭されても、命令不服従で軍法会議に掛けられてもその信仰心がぶれることはありませんでした。

 

 

もちろん、本人は苦しんでいます。人間ですから。

 

 

しかし、主人公の持つ信仰心と国に奉仕したいという想いは本物で、その本物さは戦争によって心に傷を受けてアル中と化した父親でさえも動かします。

 

 

正直このあたりの描写にものすごく力が入っており、また時間も欠けていたので後半尻すぼみになることを畏れたのですがそれも杞憂。

 

 

画面越しに見ても地獄だとわかるような戦場でひたすらに味方を助け、時に敵をも助ける。

 

 

気高いというのはまさにこうだろう。

 

 

特に印象深かったのが、主人公の『自分の考えを人に押し付けない様』だ。

 

 

上手く言葉にすることが出来ないのだが、僕は彼の振る舞いにものすごく感銘を受けた。

 

 

同じように生きられるかはわからないが、この気持ちを大事にしながら生きていこうと思う。

 

 

 

映画『ハクソー・リッジ』動画配信サービス一覧

 

2021年2月現在で『ハクソー・リッジ』の動画配信サービスは以下のようになっています。

 

動画配信サービス 配信状況(※2021年1月時点)
U-NEXT 見放題
Hulu 見放題
Amazonプライムビデオ 見放題
dTV 見放題
NETFLIX 見放題
FODプレミアム 見放題
TSUTAYA DISCAS/TV 見放題

 

この中でお勧めなのがU-NEXTです。

 

U-NEXTは配信本数や見放題作品数は業界No.1です。

 

30日間の無料トライアル期間があり、トライアル申し込み完了時点で600ptが貰えます。

 

この600ptで新作の映画をみたり、雑誌やドラマを見たりと自由に使う事が出来ます。

 

 

業界No1の配信数。見放題対象作品の多さ、無料でもらえるポイントなどを考えると

断然U-NEXTをお勧めします。

 

 

ハクソー・リッジを無料で見るならU-NEXTをお勧めする。

 

U-NEXTは業界最大手の動画配信サービスですが、動画配信だけではなく、漫画・雑誌・小説や成人向けのコンテンツなども取り扱っています。

 

U-NEXT_表紙

 

U-NEXTの特徴を列挙
  • 月額1,990円(税抜)だがそのうち1200円はポイントなので実質790円(税抜)
  • 31日間の解約自由のトライアル期間あり
  • トライアル期間でも600pt(1円=1pt)もらえる。
  • 毎月月初に1200ポイントがはいる。
  • ポイントは映画やドラマなどの映像作品だけでなく電子書籍にも使える
  • 1200円以上電子書籍で使った場合以降は40%がポイントバック
  • 70誌以上の雑誌が読み放題
  • 映画やドラマなどの動画が見放題(見放題作品18万~20万タイトル)

 

一見すると確かに高い月額料金かもしれませんが、そのうち1200円はポイントとしてもらえているので実際のところ税込みでも1000円も行きません。

 

 

仮に1000円として扱ったとすると大体他の動画配信サービスと利用料は同じです。

 

 

となると、決め手となるのは、オリジナル作品、見放題作品、電子書籍・雑誌類の3本になります。

 

 

僕がU-NEXTを利用する決め手となったのは見放題作品数の多さです。

 

 

この見放題作品本数について、U-NEXTは圧倒的で、常に20万本前後が見放題作品になっています。

 

 

見放題作品について、公開していない他社サービスもあり、公開していても4万本程度・・・。

 

U-NEXTが全てをカバーしているわけではありませんが、見たいと思った作品が大体あるのがU-NEXTです。

 

ポイント
他の動画配信サービスも優れているところはありますが、20万本と4万本では網羅性が全然違います。
「え?この作品結構有名なはずだけど、これ無いの!?」っていうのがU-NEXTではあまりありません。

 

U-NEXTのトライアル登録と解約までの簡単4STEP

 

STEP 1
●U-NEXTトライアル登録
※31日間は無料のトライアル
STEP 2
●U-NEXTで見たい映画を検索して視聴開始
STEP 3
●続行?それとも解約?31日までに決めよう!
STEP 4
解約の場合はメニュー[設定・サポート]>[契約内容の確認・解約]から簡単にお手続き♪
※31日間の無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

オンリー・ザ・ブレイブ_サムネ

タワーリング・インフェルノ_サムネ

 

おすすめの記事