ハンバーガー・ヒル ネタバレ感想 | つまらない?だって戦争の現実を描いたものだから

1987年のアメリカ映画『ハンバーガー・ヒル』。

 

 

ベトナム戦争で激戦地と呼ばれた高地を舞台にした戦争映画です。

 

 

主人公がだれかはっきりしない、とある空挺師団の戦いとその結末を描いたもので、

 

 

戦争の現実とはこうだというものを叩きつけた映画です。

 

 

またハンバーガー・ヒルというタイトルもかなり皮肉が効いた秀逸な名づけで、

 

 

その丘で兵士たちがミンチになっていく(ほど激しい戦闘だった)ことからつけられた名称です。

 

 

「ハンバーガー・ヒル」はU-NEXTの見放題対象映画ですぐに見ることが出来ます。

>>U-NEXTで「ハンバーガー・ヒル」を見る<<

ここがポイント
31日間の体験期間で600円分のポイントがもらえるのでポイントが必要な映画は無料で見ることができます♪
試してみて「使わないかな?」って思ったら登録から31日以内なら月額料金は発生しません。極端な話。プレゼントされた600ポイントだけを使って退会してもOKなのだ!

 

1969年のベトナム戦争真っただ中。

 

 

アメリカ軍第101空挺師団は北ベトナムへの振興拠点の確保のために、937高地を抑える任務を与えられる。

 

 

しかしその高地は銃弾や爆撃が雨のように降り注ぐ激戦地でもあった。

 

 

兵士が死んでいっては補充され、そしてまた死んでいく。

 

 

この地獄の中でも兵士たちは精いっぱいやっていくのだが、常にピリピリしていた。

 

 

母国に残した女房はすでにほかの男と浮気をしているだの、

 

 

ベトナム人娼婦からは「アメリカの戦争を早く終わらせて」だといわれる。

 

 

これはアメリカが共産圏から守るための戦争だというのに、侵略戦争だと思われているのだ。

 

 

 

 

それでも戦いに行くのだが、戦うごとに仲間たちは死んでいき、耐えられず司令部異動を願い出る者もいたが、叶うことはなかった。

 

 

戦いが終わったらどうする?という話も、仲間の一人はこう答える。

 

 

「母親の元に帰っても、唯一で来たのは『まとも』な振りをすることだけで、人殺しをしている記憶はどうしても離れない」

 

 

母国では反戦ムードが蔓延し、自分たち兵士は国のために戦っているのに『人でなし』と罵られる。

 

 

 

 

兵士たちは何のために戦っているのかわからなず、ただ軍令に従って攻撃を仕掛けていく。

 

 

司令部にヘリコプターによる強襲を要請すれば、敵味方の区別が付かずに仲間が誤射によって撃ち殺される。

 

 

そうしてこの高地を制圧することに成功。

 

 

 

しかし、しかし、誰一人として喜ぶものは居らず、敵味方のミンチになった死体を茫然と見る。

 

 

●作品のまとめ表

タイトル ハンバーガー・ヒル
ジャンル 戦争
制作国 アメリカ
上映時間 109分
日本公開 1987年9月12日
監督 ジョン・アーヴィン
脚本 ジェームズ・カラバトソス
メインキャスト 『アルファベット』ヴィンセント・ラングイリ(演:アンソニー・バリル)

レイ・モータウン(演:マイケル・ボートマン)

ジョニー・ウォッシュバーン(演:ドン・チードル)

ハリー・マーフィー(演:マイケル・ドラン)

『マック』エリオット・マクダニエル(演:ドン・ジェームズ)

アダム・フランツ(演:ディラン・マクダーモット)

ポール・ガルヴァン(演:マイケル・A・ニックルズ)

マイケル・ダフィー(演:ハリー・オライリー)

フランク・ゲイガン(演:ダニエル・オーシェア)

ジョー・ベレツキ(演:ティム・クイル)

マーティン・ビーンストック(演:トミー・スワードロウ)

『ドク』エイブラハム・ジョンソン(演:コートニー・B・ヴァンス)

デニス・ウースター(演:スティーヴン・ウェバー)

テリー・イーデン(演:ティーガン・ウェスト)

 

ハンバーガー・ヒル 感想 つまらない?おもしろくない?それが正しい反応

 

たまたま見る機会があったのでなんとなく見ていた映画だったんですが。

 

 

エンタメ性皆無で、緻密さも全くない。

 

 

ひたすらにベトナム戦争に従軍した部隊の日々を映しており、「実はこいつは敵だ」とかそういう映画あるあるみたいな展開は全くない。

 

 

また、主人公が覚醒して無双状態になることもない。

 

 

それゆえにつまらない、面白くないという感想を抱きましたが。

 

 

それこそが正しい感想だと気づきます。

 

 

戦争にヒーローなんていないし、参加した兵士たちは上の命令をこなすだけです。

 

 

バッタバッタと人が死んでいく。それが戦争でかっこいいものなんてあるわけがない。

 

 

そういう現実を本作をただ描いています。

 

 

確かに、英雄的活躍をした人物を主人公にした戦争映画なんてのはありますけど、

 

 

大体数の戦争は本作のようなものなんでしょう。それを忘れないようにしたいと思います。

 

 

 

映画『ハンバーガー・ヒル』動画配信サービス一覧

 

2021年3月現在で『ハンバーガー・ヒル』の動画配信サービスは以下のようになっています。

 

動画配信サービス 配信状況(※2021年3月時点)
U-NEXT 見放題
Hulu ×
Amazonプライムビデオ 見放題
dTV ×
NETFLIX ×
FODプレミアム ×
TSUTAYA DISCAS/TV ×

 

この中でお勧めなのがU-NEXTです。

 

U-NEXTは配信本数や見放題作品数は業界No.1です。

 

30日間の無料トライアル期間があり、トライアル申し込み完了時点で600ptが貰えます。

 

この600ptで新作の映画をみたり、雑誌やドラマを見たりと自由に使う事が出来ます。

 

 

業界No1の配信数。見放題対象作品の多さ、無料でもらえるポイントなどを考えると

断然U-NEXTをお勧めします。

 

 

ハンバーガー・ヒルを無料で見るならU-NEXTをお勧めする。

 

U-NEXTは業界最大手の動画配信サービスですが、動画配信だけではなく、漫画・雑誌・小説や成人向けのコンテンツなども取り扱っています。

 

U-NEXT_表紙

 

U-NEXTの特徴を列挙
  • 月額1,990円(税抜)だがそのうち1200円はポイントなので実質790円(税抜)
  • 31日間の解約自由のトライアル期間あり
  • トライアル期間でも600pt(1円=1pt)もらえる。
  • 毎月月初に1200ポイントがはいる。
  • ポイントは映画やドラマなどの映像作品だけでなく電子書籍にも使える
  • 1200円以上電子書籍で使った場合以降は40%がポイントバック
  • 70誌以上の雑誌が読み放題
  • 映画やドラマなどの動画が見放題(見放題作品18万~20万タイトル)

 

一見すると確かに高い月額料金かもしれませんが、そのうち1200円はポイントとしてもらえているので実際のところ税込みでも1000円も行きません。

 

 

仮に1000円として扱ったとすると大体他の動画配信サービスと利用料は同じです。

 

 

となると、決め手となるのは、オリジナル作品、見放題作品、電子書籍・雑誌類の3本になります。

 

 

僕がU-NEXTを利用する決め手となったのは見放題作品数の多さです。

 

 

この見放題作品本数について、U-NEXTは圧倒的で、常に20万本前後が見放題作品になっています。

 

 

見放題作品について、公開していない他社サービスもあり、公開していても4万本程度・・・。

 

U-NEXTが全てをカバーしているわけではありませんが、見たいと思った作品が大体あるのがU-NEXTです。

 

ポイント
他の動画配信サービスも優れているところはありますが、20万本と4万本では網羅性が全然違います。
「え?この作品結構有名なはずだけど、これ無いの!?」っていうのがU-NEXTではあまりありません。

 

U-NEXTのトライアル登録と解約までの簡単4STEP

 

STEP 1
●U-NEXTトライアル登録
※31日間は無料のトライアル
STEP 2
●U-NEXTで見たい映画を検索して視聴開始
STEP 3
●続行?それとも解約?31日までに決めよう!
STEP 4
解約の場合はメニュー[設定・サポート]>[契約内容の確認・解約]から簡単にお手続き♪
※31日間の無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

オンリー・ザ・ブレイブ_サムネ

タワーリング・インフェルノ_サムネ

 

おすすめの記事