完全なる報復_サムネ

2009年のアメリカ映画『完全なる報復』。

 

 

家族を殺されて男がその穴だらけの司法制度を攻撃するという報復のシナリオ。

 

 

この報復と言うのがミソで、ターゲットは家族を殺した犯人だけではなく関係者全員、さらには司法制度そのもの。

 

 

社会派の面を推しだしつつ、サスペンス仕立てになっており、見ごたえ抜群の仕上がりです。

 

 

 

「完全なる報復」はU-NEXTの無料見放題対象の映画ですので体験期間中ですぐに見ることが出来ます。

>>U-NEXTで「完全なる報復」を見る<<

ここがポイント
31日間の体験期間で600円分のポイントがもらえるのでポイントが必要な映画は無料で見ることができます♪
試してみて「使わないかな?」って思ったら登録から31日以内なら月額料金は発生しません。極端な話。プレゼントされた600ポイントだけを使って退会してもOKなのだ!

U-NEXTでドラマも視聴!2021年2月お勧め作品はこちら!

DIVER‐特殊潜入班‐_サムネ
アレックス・ライダー_シーズン1_サムネ
登録時間3分で視聴開始!

 

映画『完全なる報復』 のあらすじネタバレ

エンジニアのクライド・シェルトンは家族3人幸せに暮らしていたが、ある日悪漢2人の強盗に遭い、目の前で妻子を殺された。

 

 

悪漢たちは逮捕されるのだが、主犯のダービーの処遇にクライドは納得がいかなかった。

 

 

事件の担当検察官であるニック・ライスがダービーに司法取引を持ち掛けたからだ。

 

 

クライドの妻子殺害の証拠に違法性があって裁判で負ける可能性があり、それならば司法取引をして有罪にしたほうがいい。

 

 

ニック・ライスは法は不完全なものであるということを常に頭に入れているのだった

 

 

 

 

がこの取引にクライドは絶望。復讐を決意する。

 

 

そして10年が経過し、クライドを襲った悪漢の一人エイムズは死刑執行されるのだが、本来は無痛の薬物による安楽死なのにエイムズは異様に苦しんで死ぬ。

 

 

薬物がすり替えられていたのだ。

 

 

そして薬物には『運命には逆らえない』というダービーの決め台詞のような言葉が書かれていた。

 

 

警察に追われるダービーだが謎の電話が彼を誘導。逃げ切ったところで電話の主であるクライドが現れてダービーを拉致。

 

 

苦痛と恥辱と恐怖に塗れた惨たらしい私刑をおこなう。

 

 

そして警察・司法はダービーが発見された現場が、クライドの土地・不動産であるため、最重要容疑者として逮捕する。

 

 

クライド逮捕によって終わったかに見えた事件だが、クライドを有罪にできるような証拠は一つもなかった。

 

 

こうなれば、自白のみが有罪の決め手になるのだが、クライドは自白のための条件を突きつける。

 

 

拘置所内での待遇改善で高級マットレスを要求したのだ。

 

 

そう、これはクライドが現在の司法制度の異常性を指摘し、挑発し、問題提起し、正義の在り方を問うているのだ。

 

 

クライドは今後起こる殺人事件をにおわせる言動をして、そのたびにニックに些細な要求をしていく。

 

 

そしてニックはある情報筋からクライドが遠隔殺人を行えるCIAの秘密工作員であるということを知る。

 

 

クライドはことあるごとにニックの考えを確認しつつ遠隔殺人を続け、ニックはそれを止めるために奔走する。

 

 

 

完全なる報復 感想 完璧なシナリオだがエンディングが・・・。

 

理想的と言っていいほど、まさに『完全なる報復』のタイトルに相応しい報復のシナリオ。

 

 

それでいて、難しいことは一切なく、随所にニックが気づくべき、あるいは大切にすべきだった正義の形がそこにあることが描かれている。

 

 

構成としてシンプルでありながらスリル、サスペンス、ミステリー、さらには社会派の側面までをも上手に融合させている。

 

 

特に感心したのが、クライドの行動すべてが司法制度の内側で戦っているというところだ。

 

 

悪人と取引をする司法取引・・・。

 

 

被害者からすれば嫌悪しかなく、しかし加害者からすれば更生の可能性がある救いであり、そしてより上位の悪を駆逐する制度でもある。

 

 

だが、クライドは被害者としてニックにすがり、そして加害者として真っ向からこの司法制度に戦いを挑む。

 

 

だから司法制度をコケにするような挑発をしたり、自分を含む悪人と取引をするか否かを確かめていたのだ。

 

 

しかし、クライド退場のあのエンディングについては首をかしげる。

 

 

ニックがやったことは結局私刑でしかなく、法を守る検察官としてはあってはならないことだと思う。

 

 

犯罪を防ぐべき立場にいる人間がクライドを殺してしまっては意味がない。

 

 

牢屋の扉に鍵などかけず、あくまで法の裁きを受けさせるというスタンスを崩さないほうが良かったと思う。

 

 

あれだとクライドと同じになっちゃってるんですよね・・・。ニックらしい答えを示してほしかった。

 

映画『完全なる報復』動画配信サービス一覧

 

2021年1月現在で『完全なる報復』の動画配信サービスは以下のようになっています。

 

動画配信サービス 配信状況(※2021年1月時点)
U-NEXT 見放題
Hulu ×
Amazonプライムビデオ レンタル
dTV ×
NETFLIX ×
FODプレミアム ×
TSUTAYA DISCAS/TV レンタル

この中でお勧めなのがU-NEXTです。

 

U-NEXTは配信本数や見放題作品数は業界No.1です。

 

30日間の無料トライアル期間があり、トライアル申し込み完了時点で600ptが貰えます。

 

この600ptで新作の映画をみたり、雑誌やドラマを見たりと自由に使う事が出来ます。

 

 

業界No1の配信数。見放題対象作品の多さ、無料でもらえるポイントなどを考えると

断然U-NEXTをお勧めします。

 

 

完全なる報復を無料で見るならU-NEXTをお勧めする。

 

U-NEXTは業界最大手の動画配信サービスですが、動画配信だけではなく、漫画・雑誌・小説や成人向けのコンテンツなども取り扱っています。

 

U-NEXT_表紙

 

U-NEXTの特徴を列挙
  • 月額1,990円(税抜)だがそのうち1200円はポイントなので実質790円(税抜)
  • 31日間の解約自由のトライアル期間あり
  • トライアル期間でも600pt(1円=1pt)もらえる。
  • 毎月月初に1200ポイントがはいる。
  • ポイントは映画やドラマなどの映像作品だけでなく電子書籍にも使える
  • 1200円以上電子書籍で使った場合以降は40%がポイントバック
  • 70誌以上の雑誌が読み放題
  • 映画やドラマなどの動画が見放題(見放題作品18万~20万タイトル)

 

一見すると確かに高い月額料金かもしれませんが、そのうち1200円はポイントとしてもらえているので実際のところ税込みでも1000円も行きません。

 

 

仮に1000円として扱ったとすると大体他の動画配信サービスと利用料は同じです。

 

 

となると、決め手となるのは、オリジナル作品、見放題作品、電子書籍・雑誌類の3本になります。

 

 

僕がU-NEXTを利用する決め手となったのは見放題作品数の多さです。

 

 

この見放題作品本数について、U-NEXTは圧倒的で、常に20万本前後が見放題作品になっています。

 

 

見放題作品について、公開していない他社サービスもあり、公開していても4万本程度・・・。

 

U-NEXTが全てをカバーしているわけではありませんが、見たいと思った作品が大体あるのがU-NEXTです。

 

ポイント
他の動画配信サービスも優れているところはありますが、20万本と4万本では網羅性が全然違います。
「え?この作品結構有名なはずだけど、これ無いの!?」っていうのがU-NEXTではあまりありません。

 

U-NEXTのトライアル登録と解約までの簡単4STEP

 

STEP 1
●U-NEXTトライアル登録
※31日間は無料のトライアル
STEP 2
●U-NEXTで見たい映画を検索して視聴開始
STEP 3
●続行?それとも解約?31日までに決めよう!
STEP 4
解約の場合はメニュー[設定・サポート]>[契約内容の確認・解約]から簡単にお手続き♪
※31日間の無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

オンリー・ザ・ブレイブ_サムネ

タワーリング・インフェルノ_サムネ

 

おすすめの記事