ランボー3_サムネ

U-NEXT無料お試しで視聴できます

31日間無料です

U-NEXTでドラマも視聴!2021年1月お勧め作品はこちら!

登録時間3分で視聴開始!

DIVER‐特殊潜入班‐_サムネ
アレックス・ライダー_シーズン1_サムネ

1988年のアメリカ映画「ランボー3/怒りのアフガン」。

 

 

隠遁していたランボーを世界のために戦場に引きずり込もうとするトラウトマンだが、トラウトマンが捕虜になったので救出のために戦場へ行くというシナリオ。

 

 

1988年というとスタローンの肉体は極限まで鍛えこまれた全盛期。

 

 

その肉体が織りなすド派手なアクションが最初から最後まで続くので、エンタメ作品としてとても楽しめるのは間違いない。

 

 

単純にヒーローものとしてランボーは定着しているのでそういう意味では3作目として相応しい仕上がりだ。

 

 

 

 

しかし、続編の宿命なのか、ありがちなツッコミが結構目立つのも事実だ。

 

 

 

それでは、ここから『ランボー/怒りの脱出 (ランボー2)』のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介していきます。

映画『ランボー3/怒りのアフガン』 のあらすじネタバレ

 

 

タイのバンコクでかけ試合や大工仕事などで暮らしていたランボーのもとにトラウトマンとアメリカ国務省のグリッグスが訪ねてきた。

 

 

彼らはアフガニスタンへの支援を行っているのだが今現在ソ連軍がかの国で残虐行為を繰り広げており、支援物資も届かない。

 

 

現地には彼らをけん制するために、最新鋭のスティンガーミサイルが必要だった。

 

 

ランボーは「俺の戦争は終った」と一度は固辞するのだが、現地にて世界が平和になることを望んで戦うトラウトマンがソ連軍につかまってしまう。

 

 

グリッグスは再びランボーの元を訪れて、極秘作戦としてランボーのトラウトマン救出を支援するために現地ゲリラを紹介する。

 

 

 

 

ランボーはグリッグスの現地の協力者とゲリラ部隊と協力してソ連軍の築いた基地に潜入。

 

 

しかしトラウトマンと接触はできたものの失敗して逃走することに。

 

 

ソ連軍のザイセン大佐はランボーたちの追撃を開始するのだが、逆にランボーは手薄になった基地に再び潜入してトラウトマンや現地の捕虜を救出。

 

 

 

 

追いかけてきたザイゼン大佐の部隊を洞窟内に誘い込み、ゲリラ戦法で一人一人を消していくのだがあと一歩のところで包囲されてしまう。

 

 

絶体絶命と思われたその時、アフガニスタンのゲリラ兵士たちが馬に乗ってランボーたちの加勢にやってくるのだった。

 

 

 

 

ランボーがやった止血は治療として有効な手段なのか?

 

ライフルの薬莢から火薬を取り出して穴の開いた脇腹を焼いたランボー。

 

 

穴が開いてるので対向からも火が噴き出るというすごく印象的なシーンでしたが、これは有効な手段なのか?

 

 

答えはYesで『焼灼止血法』という止血方法になります。

 

 

ランボーのは常軌を逸するくらいの痛みを伴うため、下手すれば痛みで死ぬ可能性もある危険な医療行為でもあります。

 

 

治療行為の一切ができないような状況のみ行う苦肉の策だと思ってください。

 

 

ウイスキーや縫合糸があれば当然それを使います。

 

 

焼灼止血法はショック死の危険や、火傷を負うことになって感染症を引き起こす危険性も高まるので映画ならではの演出ですね。

 

 

ですが、このシーンは演出以上に有名なシーンで、

 

 

実はガチであの怪我を負っており、その際の治療がリアルに映像として残りました。

 

 

 

 

ランボーの爆破弓は存在するのか?

 

モンハンか?!というほど派手で威力があるランボーの爆破弓。

 

 

矢じりの部分が榴弾になっていて、youtubeなんかで調べると作ったという人もいますから非現実的な武器と言うわけではありません。

 

 

とはいえ、爆発は火薬の力、炎上は燃料になりますので、作中の爆発と炎上については矢じりのサイズを考えるとあり得ないと思ってください。

 

 

 

ランボー3/怒りのアフガンの感想 ここが変だよ3作目!

 

楽しかったけど、ツッコミどころはたくさんある。

 

 

まずはトラウトマン。

 

 

ランボーの上官でランボーの絶大な敬意の対象となっている彼ですが、

 

 

彼は1作目でランボーとは碌に連絡を取り合えておらず、しかしランボーの帰還兵としての苦しみを知って抱きしめました。

 

 

そして2作目では、ランボーを刑務所から出すために条件がよい仕事を持ってきてランボーを助けました。

 

 

いよいよ今作。

 

 

ランボーを戦場に駆り立てようとしている。

 

 

「大佐。俺の戦争は終わったんだ」と言っているのに「心の中の戦いは続いてる。何をしても本来の自分はごまかせない。君は戦士だ」ととんでもないことを言い出す。

 

 

 

お前1作目のランボーに向かってそれ言える?

 

 

鬼かお前は。

 

 

そのまま隠遁生活を続けさせればいいのに一体何を考えているのか・・・。

 

 

もはやトラウトマンの皮を被った別人としか思えない。

 

 

 

 

他のところではアクションシーンでのツッコミか。

 

 

火炎瓶持って馬で疾走する姿はシュールすぎる。

 

 

印象に残るほどかっこよいシーンなのだが、あれでヘリを落とす気だったのだろうかと思うと笑うしかない。

 

 

しかも普通に失敗してるし、そりゃあそうなるだろうよと思う。

 

 

 

 

極めつけは、最後のシーン。

 

 

『This film is dedicated to the gallant people of afghanistan』というテロップが流れており、

 

 

和訳すると『この映画を勇敢なるアフガンの戦士に捧ぐ』という意味だ。

 

 

Peopleは民族と訳すのだが、作中のアフガン民族を見ると彼らは軒並み高潔な戦士然として描かれており、民族ではなく『戦士』と訳したほうが適切だろう。

 

 

それで、アフガンというと2001年にアメリカに向かって同時多発テロを実行した国であるため、このテロップはなんとも皮肉なものになっている。

 

 

ここまでくるとなんとなく予想できると思うのだが、

 

 

ソ連侵攻のアフガニスタンで、『アフガニスタンのどの勢力が盛り返し、ソ連を撤退に追い込んだのか。そしてアメリカはどの勢力に協力していたのか』

 

 

この観点で調べると本作は本当になんとも言えないものになっている。

 

 

あのテロップが流れた際はそっと顔を背けて見なかったことにしてしまった。

 

 

面白いんだけど、本当に不遇な作品になってしまったなと思う。

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

オンリー・ザ・ブレイブ_サムネ

タワーリング・インフェルノ_サムネ

 

タイトル ランボー3/怒りのアフガン
ジャンル アクション、ベトナム帰還兵
制作国 アメリカ
上映時間 95分
日本公開 1988年6月11日
監督 ピーター・マクドナルド
脚本 シルヴェスター・スタローン
シェルドン・レティック
メインキャスト ジョン・ランボー -(演:シルヴェスター・スタローン)

トラウトマン -(演:リチャード・クレンナ)

グリッグス -(演:カートウッド・スミス)

ザイセン -(演:マーク・ド・ジョング)

マソード -(演:スピロス・フォーカス)

モーサ -(演:サッソン・ガーベイ)

ハミッド -(演:ドウディ・ショウア)

おすすめの記事