バイオハザードV リトリビューション ネタバレ感想 | 味方面するアルバート・ウェスカー議長が笑える。

2012年のアメリカ映画『バイオハザードV リトリビューション』。

 

 

「あー捕まったんだろうなー」というところから始まった第5弾。

 

 

アンブレラ社に捕まったアリスが、外部の協力者の助けを借りて脱出するところから物語は始まります。

 

 

過去シリーズで登場したあのキャラクターも集まってくるので見逃せない展開になっていきます!

 

 

「バイオハザードV リトリビューション」はU-NEXTの無料見放題対象の映画ですので体験期間中ですぐに見ることが出来ます。

>>U-NEXTで「バイオハザードV リトリビューション」を見る<<

ここがポイント
31日間の体験期間で600円分のポイントがもらえるのでポイントが必要な映画は無料で見ることができます♪
試してみて「使わないかな?」って思ったら登録から31日以内なら月額料金は発生しません。極端な話。プレゼントされた600ポイントだけを使って退会してもOKなのだ!

 

アルカディア号にてアルバート・ウェスカー議長を倒したアリスだが、この動きを予見していたかのようにアンブレラ社の戦闘部隊が襲い掛かる。

 

 

その部隊を率いていたのはかつて自分を助けてくれたジル・バレンタイン(バイオ2作目の主要キャラ)だった。

 

 

アリスは立ち向かうものの、助けた生存者も大勢死なせ、つかまってしまう。

 

 

 

 

意識を取り戻すとアリスは幸せな日常を送る夢を見ていたがそこに突如ゾンビが現れて日常は崩壊して目を覚ます。

 

 

再び目を覚ますとアンブレラ社の研究施設。そこでジルから拷問を受けるのだが、セキュリティが停止してアリスは逃亡を図る。

 

 

そして中央制御室に行くとアンブレラ社の元工作員のエイダ・ウォンとディスプレイ越しに殺したはずのアルバート・ウェスカー議長が現れる。

 

 

アリスの逃亡を助けたのはこのアルバート・ウェスカー議長だったのだ。

 

 

今アンブレラ社を支配しているのはアルバート・ウェスカー議長ではなく、アンブレラ社の人口AI『レッドクイーン』。

 

 

今アルバート・ウェスカーはこのレッドクイーンと戦っているのだ。

 

 

 

そしてアリスを助けようとするルーサー・ウェスト(4作目の主要キャラ)たちとアリスを捕獲もしくは殺そうとするジルたちとの脱出戦が開幕。

 

 

 

まぁそもそも、施設の出入り口をすべて封鎖すればそれでアリスたちは積むと思いますがと言うツッコミは置いといて・・・。

 

 

●作品のまとめ表

タイトル バイオハザードV リトリビューション
ジャンル ゾンビ、スタイリッシュアクション
制作国 アメリカ
上映時間 96分
日本公開 2012年9月14日
監督 ポール・W・S・アンダーソン
脚本 ポール・W・S・アンダーソン
メインキャスト アリス(演:ミラ・ジョヴォヴィッチ)

レイン・オカンポ(演:ミシェル・ロドリゲス)

ジル・バレンタイン(演:シエンナ・ギロリー)

バリー・バートン(演:ケヴィン・デュランド)

ウェスカー(演:ショーン・ロバーツ)

ルーサー・ウェスト(演:ボリス・コジョー)

エイダ・ウォン(演:リー・ビンビン)

ベッキー(演:アリアーナ・エンジニア)

ワン(演:コリン・サーモン)

 

バイオハザードV リトリビューション 感想

 

なんでこんな終末の世界でテクノロジーを維持できているのかが不思議だったのだが、多分クローン人間を生産して維持していたんでしょうねなるほど。

 

 

一体いつからそうなっていたのかは分かりませんが、4作目でアルバート・ウェスカーの側近は居なかったのであれの開始時点ではすでに乗っ取られていたんだと思うが、やってることは従来のアンブレラ社と変わらないからなぁ・・・どっちもどっちな気がします。

 

 

前作では生き残りの人たちを騙し打ちの形で集めて実験していたくせに最後には味方面していて笑ってしまう。

 

 

 

 

さて、アクション映画としてとてもスタイリッシュで楽しませてもらいました。

 

 

最後のジル戦がなんというか、

 

 

「・・・いや、その胸についてるダサいデバイス取ればいいんじゃね?」と思っていたら本当にそれで解決して笑いました。

 

 

格闘アクションする前に気づきなさいよ。間抜けか!とツッコんでしまった。

 

 

割と好きだったルーサーが退場してしまったものの、ジル・バレンタインと合流したのでとりあえずは良しとしましょう。

 

 

 

次回はいよいよ最終作になりますが、なんだかバイオハザードを好きになり始めたんでもう一度見直そうと思う。

 

 

 

映画『バイオハザードV リトリビューション』動画配信サービス一覧

 

2021年2月現在で『バイオハザードV リトリビューション』の動画配信サービスは以下のようになっています。

 

動画配信サービス 配信状況(※2021年1月時点)
U-NEXT 見放題
Hulu ×
Amazonプライムビデオ レンタル
dTV 見放題
NETFLIX ×
FODプレミアム 見放題
TSUTAYA DISCAS/TV 見放題

この中でお勧めなのがU-NEXTです。

 

U-NEXTは配信本数や見放題作品数は業界No.1です。

 

30日間の無料トライアル期間があり、トライアル申し込み完了時点で600ptが貰えます。

 

この600ptで新作の映画をみたり、雑誌やドラマを見たりと自由に使う事が出来ます。

 

 

業界No1の配信数。見放題対象作品の多さ、無料でもらえるポイントなどを考えると

断然U-NEXTをお勧めします。

 

 

バイオハザードV リトリビューションを無料で見るならU-NEXTをお勧めする。

 

U-NEXTは業界最大手の動画配信サービスですが、動画配信だけではなく、漫画・雑誌・小説や成人向けのコンテンツなども取り扱っています。

 

U-NEXT_表紙

 

U-NEXTの特徴を列挙
  • 月額1,990円(税抜)だがそのうち1200円はポイントなので実質790円(税抜)
  • 31日間の解約自由のトライアル期間あり
  • トライアル期間でも600pt(1円=1pt)もらえる。
  • 毎月月初に1200ポイントがはいる。
  • ポイントは映画やドラマなどの映像作品だけでなく電子書籍にも使える
  • 1200円以上電子書籍で使った場合以降は40%がポイントバック
  • 70誌以上の雑誌が読み放題
  • 映画やドラマなどの動画が見放題(見放題作品18万~20万タイトル)

 

一見すると確かに高い月額料金かもしれませんが、そのうち1200円はポイントとしてもらえているので実際のところ税込みでも1000円も行きません。

 

 

仮に1000円として扱ったとすると大体他の動画配信サービスと利用料は同じです。

 

 

となると、決め手となるのは、オリジナル作品、見放題作品、電子書籍・雑誌類の3本になります。

 

 

僕がU-NEXTを利用する決め手となったのは見放題作品数の多さです。

 

 

この見放題作品本数について、U-NEXTは圧倒的で、常に20万本前後が見放題作品になっています。

 

 

見放題作品について、公開していない他社サービスもあり、公開していても4万本程度・・・。

 

U-NEXTが全てをカバーしているわけではありませんが、見たいと思った作品が大体あるのがU-NEXTです。

 

ポイント
他の動画配信サービスも優れているところはありますが、20万本と4万本では網羅性が全然違います。
「え?この作品結構有名なはずだけど、これ無いの!?」っていうのがU-NEXTではあまりありません。

 

U-NEXTのトライアル登録と解約までの簡単4STEP

 

STEP 1
●U-NEXTトライアル登録
※31日間は無料のトライアル
STEP 2
●U-NEXTで見たい映画を検索して視聴開始
STEP 3
●続行?それとも解約?31日までに決めよう!
STEP 4
解約の場合はメニュー[設定・サポート]>[契約内容の確認・解約]から簡単にお手続き♪
※31日間の無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

オンリー・ザ・ブレイブ_サムネ

タワーリング・インフェルノ_サムネ

 

おすすめの記事