ロッキー4_炎の友情_サムネ

U-NEXTでは初回登録プレゼント600ptがあります

31日間無料です

U-NEXTでドラマも視聴!2020年11月お勧め作品はこちら!

登録時間3分で視聴開始!

DIVER‐特殊潜入班‐_サムネ
アレックス・ライダー_シーズン1_サムネ

1985年のアメリカ映画『ロッキー4』。

 

 

ボクサーとしてリングで死んだアポロの決意を受け継ぎ、ロッキーが自分のために、アポロのために戦いに挑むというシナリオ。

 

 

冷戦時代を背景にした作品なので当時のアメリカとソ連のことを調べるきっかけになると思う。

 

 

というか、調べてほしい。

 

 

ソ連はイメージ的にもあまりよくない国ですが、まんま悪役みたいになっているので可哀そうだ。

 

 

監督脚本のスタローン的にはマイルドに包んだつもりだろうけど、なぜ敵がそうする必要があるのか示したほうが良かった。

 

 

 

 

それでは、ここから『ロッキー4』のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介していきます。

映画『ロッキー4』 のあらすじネタバレ

 

グラバーを倒したロッキーは再び国民的ヒーローとして人気を博していた。

 

 

ある日、ソ連からアマチュアボクシング王者のイワン・ドラゴがアメリカにやってくる。

 

 

ドラゴの目的は偉大なチャンピオンのロッキーとの対戦を希望していた。

 

 

 

 

しかしそんなドラゴを見て闘志を燃やしたのはアポロ・クリードだった。

 

 

5年前に引退したアポロだが、ボクサーとして戦いたかったのだ。

 

 

アポロはロッキーの元を訪ね、エキシビジョンマッチでドラコと戦えるように取り計らってもらう。

 

 

 

 

しかしドラコの剛腕が繰り出す殺人的なパンチによってアポロはリングの上で死んでしまう。

 

 

ロッキーはドラコの挑戦を受けることにする。

 

 

しかしドラコ側は身の危険や差別的な扱いを受けていることを訴え、試合はソ連、ファイトマネーなし、という最悪の条件だった。

 

 

ロッキーはアポロが言った『ファイターとしての自分は変えられない』という言葉に共感しており、すべての条件を飲み、アポロのトレーナーのデューク、ポリーと共にソ連にわたり、環境を生かしたトレーニングを行う。

 

 

 

そして猛烈なブーイング、ソ連政府首脳陣が集まる中で試合が始まる。

 

 

 

ロッキー4 感想 個人的にはシリーズワーストワンのシナリオで好きじゃない。

 

ロッキーの歩む人生の1ページと考えると納得は出来るシリーズだけど難しいと思う。

 

 

まずこの1985年という時代は冷戦真っただ中(米ソ冷戦の期間は1945年~1989年)で、ソ連に対するイメージを固定しかねないということ。

 

 

対戦相手のドラゴは人間味がなく、まるで機械のよう。

 

 

さらにソ連の科学的なトレーニングは人間を改造しているかのような誤解を与え、

ドーピングやステロイドなどを使うのが当たり前みたいな印象になってしまっている。

 

 

もちろん実際のところどうかはわからないが、危ない国というイメージが脳裏に刷り込まれてしまう。

 

 

しかも、エキシビジョンマッチでは暴走。

 

 

アポロを執拗なまでにぶん殴り、結果死に至らしめるという試合結果。

 

 

勝利者インタビューで機械的な口調丸出しのドラコ。

 

 

エキシビジョンマッチの意味をまるで理解しておらず、ソ連のイメージは最悪だろう。

 

 

おまけにロッキーとの試合の時にはソ連政府首脳陣が観戦し、ゴルバチョフ書記長そっくりさんまで出演・・・。

 

 

スポーツを政治利用しているソ連という構図が出来上がってしまっている。

 

 

 

 

確かにソ連に対してはあまりいいイメージはないのだが、映画とはいえこんな風に残されてはソ連が可哀そうだ。

 

 

映画で他国を描くのであればその国に対するリスペクトを入れるべきだと思う。

 

 

エンディングは米ソの雪解けを感じさせるものになっているが終わり良ければ総て良しではない。

 

 

 

 

一映画ファンとしてこういう映画は残すべきじゃないと思う。

 

 

 

僕としてはこのロッキー4はロッキーシリーズとしてはワーストワンだ。

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

オンリー・ザ・ブレイブ_サムネ

タワーリング・インフェルノ_サムネ

 

タイトル ロッキー4
ジャンル スポーツ
制作国 アメリカ
上映時間 91分
日本公開 1986年6月7日
監督 シルヴェスター・スタローン
脚本 シルヴェスター・スタローン
おすすめの記事