ロッキー5_最後のドラマ_サムネ

U-NEXTでは初回登録プレゼント600ptがあります

31日間無料です

U-NEXTでドラマも視聴!2020年11月お勧め作品はこちら!

登録時間3分で視聴開始!

DIVER‐特殊潜入班‐_サムネ
アレックス・ライダー_シーズン1_サムネ

1990年のアメリカ映画『ロッキー5』。

 

 

伝説のチャンプとなったロッキーが己の全てを弟子に引き継ぐも、その弟子がクズと化したというシナリオ。

 

 

シナリオだけで見れば『まぁそういう事もあるさ!』という展開には納得できるんだけど、こんなのをシナリオにしてもなんだかなぁという気もする。

 

 

でも最後まで見ると意外と熱くなれるし、心が温かくもなる。

 

 

もうちょっと弟子に救いがあっても良かったようにも思うが。あれは根っこからもう駄目か。

 

 

 

 

それでは、ここから『ロッキー5』のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介していきます。

映画『ロッキー5』 のあらすじネタバレ

 

ドラゴを倒し、かつてない英雄となったロッキー。

 

 

帰国して間もなく、ポーリーがミスをしていたことが発覚。

 

 

うっかり会計士に資産運用の委任状を渡してしまい、巨額の負債だけがロッキーに残ってしまったのだ。

 

 

試合をして稼ぐしかないのだが、ロッキーの脳には障害があり、リングに上がることはもう不可能だった。

 

 

 

 

そんなドクターストップ状態のロッキーだが、プロモーターのデュークはロッキーに目をつけていた。

 

 

ある日ロッキーの元にトミーと言う若手ボクサーが現れる。

 

 

トミーはかつてのロッキーを彷彿とさせるハングリー精神を持ち、ロッキーはトミーに教えの全てを授け、二人三脚で歩むことを決める。

 

 

しかしそのせいでロッキーはジュニアと時間を取ることを忘れてしまう。

 

 

さらに、トミーは勝ち進むごとにロッキーのコピーだと言われるようになり、不満を持つようになる。

 

 

そんな折、トミーの前にデュークが現れ、トミーを篭絡する。

 

 

トミーはチャンピオンとなるのだが、ロッキーを裏切った男という印象は強く、誰一人としてトミーの実力を認めようとはしなかった。

 

 

 

トミーはロッキーの影を振り切るためにロッキーを挑発して試合に出させようとするのだがその際、ポーリーをぶん殴ってしまい、ロッキーがブチ切れるという結果に・・。

 

 

 

 

 

ロッキー5 感想 ブチ切れるロッキーが爽快だった

 

家族を大事にするロッキーが家族をないがしろにしてしまい、家族とまた向かい合うシーンはよかった。

 

 

その家族に手を出されてブチ切れるロッキーも人間くささがあってすごく良かった。

 

 

さらに、パンチドランカーのフラッシュバックを振り切ってロッキーが立ち上がる様はまさに生粋のファイターなのだと実感させてくれる。

 

 

そのあとはまぁ喧嘩ボクシングというか、投げ技や足の引っ掛け、ラビットパンチなどなどなんでもありになるんだけど、まぁいいかって感じの気分になれる。

 

 

ロッキーのドラマとして相応しかったと思う。

 

 

トミーをもうちょっとマシな扱いにしても良かったと思うけど、まぁ仕方ないか。

 

 

 

一応本作でロッキーシリーズは完全終了。(ザ・ファイナルは別の時間軸みたいに思ったほうがいい)

 

 

ということで、エンディングもこれまでのロッキーシリーズの名場面を流すという演出で万感の思いに浸れる。

 

 

ロッキーシリーズは時間を取って一気見するといいと思う。

 

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

オンリー・ザ・ブレイブ_サムネ

タワーリング・インフェルノ_サムネ

 

タイトル ロッキー5/最後のドラマ
ジャンル スポーツ
制作国 アメリカ
上映時間 105分
日本公開 1990年12月7日
監督 ジョン・G・アヴィルドセン
脚本 シルヴェスター・スタローン
おすすめの記事