ベスト・キッド3_サムネ
U-NEXT無料お試しで視聴できます

31日間無料です

U-NEXTでおすすめの脱出系映画!初月ポイントすらいらない見放題作品を厳選!

登録時間3分で視聴開始!

ベスト・キッド_サムネ
ベスト・キッド2_サムネ

 

1989年のアメリカ映画「ベストキッド3」。

 

 

ベストキッド1の続編と考えるとしっくりくるので本作こそ続編だと考えるファンが多い作品。

 

 

 

空手大会でダニエルに優勝を掻っ攫われたことを逆恨みしたジョンがダニエルとミヤギに復讐をしていくというもの。

 

 

 

見どころは敵役のシルバーの策。

 

 

本格的な感じではないが、ちょうどよく楽しめる雰囲気になっており見ごたえがあります。

 

 

 

 

それでは、ここから『ベストキッド3』のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介していきます。

映画『ベストキッド3』 のあらすじネタバレ

 

コブラ会の師範のジョンはを潰されたジョンは恨みを抱いていた。

 

 

ダニエルに空手の大会で優勝されてからというもの、コブラ会の生徒はいなくなってしまったからだ。

 

 

そこでジョンが頼ったのはベトナム戦争時代の盟友テリー・シルバーだ。

 

 

シルバーはジョンの求めに応じ、ジョンを破滅させたダニエルたちに対して復讐を計画。

 

 

空手の異端児の異名を持つマイク・バーンズを呼び出してダニエルを大会でコテンパンにすることにする。

 

 

 

 

一方ダニエルがいたアパートは売りに出され、ダニエルは一時的にミヤギと暮らすのだが、アパートがなくなったことでミヤギの仕事はなくなり、さらに沖縄で世話になったユキエの家を改築したことで貯金も使い果たしていた。

 

 

そこでダニエルは学費を使ってミヤギのために盆栽ショップを開店するための建物を借りる。

 

 

 

 

しかしこのショップのことやミヤギの過去を調べたシルバーはダニエルたちに接触して謝罪をする。

 

 

シルバーはジョンの死と、ジョンとは親友だったことを伝え、『戦争で人が変わってしまった』のだと語る。

 

 

そして、ジョンがやった非礼について、亡き親友に代わって自分が謝りに来たのだと。

 

 

 

 

同じころにバーンズを使ってダニエルたちに様々な嫌がらせを始める。

 

 

しかしそれでも、ミヤギは頑なにダニエルの出場を断り続ける。

 

 

ダニエルも最初こそミヤギの考えが理解できなかったのだが、争いは何も生まないことを思い返して出場を取りやめるようになる。

 

 

 

 

しかし、バーンズの嫌がらせは続き、盆栽ショップがぶち壊されてしまう。

 

 

お金もなく、ミヤギの大切にしていた盆栽も痛めつけられ、さらに自身の命も危険にさらされ・・・・。

 

 

追い込まれたダニエルはミヤギのショップを守るために出場を決意。

 

 

しかしミヤギは試合のための稽古はつけてくれなかった。

 

 

 

 

そこでシルバーは再びダニエルの前に現れて、汚れた空手を教えるのだった・・・。

 

 

 

ベストキッド3の感想 意見が3点あるから聞いてほしい。

 

一見して酷い展開・・・かと思ってみていたのだが、意外と脚本の筋は通ってる。

 

 

 

一連の嫌がらせについて『警察いけよ』と思ったのだが、

 

 

 

よくよく思い返すとシルバーは作中で検事の買収をしており、暗に警察も買収できることを示唆している。

 

 

「あ、産業廃棄物処理業者の悪徳社長という設定はこういう事か」と逆に感心した。

 

 

 

だから、展開自体は良いんだ。

 

 

 

 

しかしながら・・・3つ気になるところがある。

 

 

まずはダニエルさんについてだ。

 

 

ダニエルさんは空手を通してミヤギからいくつもの教えを受けて成長しているはずだ。

 

 

しかしながら、序盤付近の大会の下りで自身のトロフィーを守るために大会に参加するのに固執しており、なぜ自分が空手を始めたのか忘れてしまっているようだった。

 

 

若さのせいもあるだろがダニエルさんが思った以上に成長していなくて残念だった。

 

 

 

 

2つ目はミヤギの考えが分からないこと。

 

 

チャンピオントロフィーを守るために空手を使わないというのは理屈としては理解できる。

 

 

おそらくミヤギ流空手は合気道の考えに近いのだろう。

 

 

だが、嫌がらせが始まって店がピンチで、ダニエルやジェシカが身の危険を感じるような状況になったのにそれでも大会に出ないというのは違うのではないだろうか。

 

 

これは1作目ベストキッドの戦う理由と同じはずだ。

 

 

確かに大会にてダニエルがひどい目にあう可能性は前作よりも高かったのは確かだ。

 

 

しかし、ミヤギのやってることは、前作のそれと全く変わらず『気にしない』ということ。

 

 

しかし状況はそうじゃない。

 

 

ミヤギは貯金がなく、かつ収入がないという追い込まれている状況だ。

 

 

気にせずに耐えるというのは現実的に難しく、ダニエルがそう主張するのだが、

 

 

ミヤギは自身の考えをダニエルに伝えないというのもよくわからない。

 

 

ミヤギ自身、多くは語らず、本人に考えさせるという指導をしているのはわかるのだが時と場合があるだろう。

 

 

本作の問題はミヤギのせいでこじれた部分は結構ある

 

 

これが本作を最もつまらないと思った理由だ。

 

 

 

 

最後3つ目はテリー・シルバーの扱いが雑過ぎる

 

 

彼の策略についてはキャラクター性も相まってなかなか楽しませてもらったのだが、最後のシーンを見ると扱いがものすごく雑。

 

 

ダニエルが勝利したことで「あーあ失敗しちゃった」というふうにテリー・シルバー退場。

 

 

彼はそもそも悪人なのだからもうちょっとその罪を償うようなエピソードがあってもいいと思うのだが・・・。

 

 

いや、それは百歩譲ってもいいんだ。

 

 

本作はダニエルに課せられた『試練』だと考えればそういうエピソードは描かなくてもいい。

 

 

でも、だったら、ダニエルやミヤギが何かしらを話して終わらないといけない。

 

 

 

なんでこんなふわっと浮いたまま終わるのかわからない。

 

 

ミヤギの教えでベストキッド3をきっちりと締めて終わってほしかった。

 

 

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

16ブロック_サムネ

フィフス・エレメント_サムネ

 

 

タイトル ベストキッド3
ジャンル アクション
制作国 アメリカ
上映時間 112分
日本公開 不明。誰か教えてください
監督 ジョン・G・アヴィルドセン
脚本 ロバート・マーク・ケイメン
おすすめの記事