メカニック ネタバレ感想 | 最後まで面白い安定のアメリカンアクション

U-NEXT無料お試しで視聴できます

31日間無料です

U-NEXTでドラマも視聴!2020年12月お勧め作品はこちら!

登録時間3分で視聴開始!

DIVER‐特殊潜入班‐_サムネ
アレックス・ライダー_シーズン1_サムネ

2011年のアメリカ映画「メカニック」。

 

1972年の同名映画をジェイソン・ステイサム主演でリメイクしたもの。

 

 

師匠を殺してその息子に暗殺技術を教え、やがて師匠の真相を知るというシナリオでストーリー自体は割と普通でシンプル。

 

 

スタイリッシュに始まり、スタイリッシュに終わる。

 

 

コーラとポップコーンを食べながら見ることをお勧めする爽快な映画です!

 

 

それでは、ここから『メカニック』のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介していきます。

映画『メカニック』 のあらすじネタバレ

 

どんな相手でも必ず殺すという必殺の殺し屋のアーサー・ビショップ。

 

 

彼は麻薬王を事故死に見せかけ、今日も完璧に仕事をこなした。

 

 

 

 

 

ある日、彼に命令が下る。

 

 

それは自分に殺しの技術を教えてくれた師匠であり、友人でもあるハリー・M・マッケンナーを殺せというものだ。

 

 

アーサーは依頼主に面談を求め、自らその件を調べ、確かに暗殺計画が失敗していたことも確認。

 

 

さらにアーサーはハリー本人に暗殺計画を漏らすことで、ハリーが組織を裏切っていたことも確認。

 

 

アーサーはハリーをカージャック犯の仕業に見せかけて暗殺する。

 

 

墓参りの日、父を殺されて怒りの焔を静かに燃やすハリーの息子スティーブンと再会する。

 

 

彼は父の仇を取るためにカージャック犯を殺して周ろうと考えていた。

 

 

あまりに無茶が過ぎるスティーブンの荒み具合に、アーサーは彼の殺しを阻止するのだが、スティーブンはアーサーに弟子入りを申し出る。

 

 

 

 

アーサーは複雑な心境を抱えながらも、これを受けて、暗殺術を叩きこんでバディを組むのだが・・・。

 

 

ある仕事帰り、アーサーはハリーが起こした裏切り行為について仕組まれたものを見つけてしまい、

 

 

またスティーブンも父を殺したのはアーサーなのだと気づいてしまう。

 

 

 

メカニックの感想 最高のスタイリッシュアクション

 

感動するようなことはないが、作中の全てのアクションは爽快でいて実に楽しい。

 

 

良い90分を過ごせました。

 

 

ハリーの殺しのテクニックも殺しを殺しと思わせないやり方で目を惹き、秀逸なものが多い。

 

 

例えばハリーを殺したときも、

 

 

友人として電話をかけて暗殺計画を漏らし、『証拠を持って逃げろ』と言われればそりゃあ信じざるを得ない。

 

 

さらにカージャック犯に見せかけているのでどうやってもアーサーに辿り着くことは困難。

 

 

最後まで美学を貫き通す殺し屋然としており、友の息子であろうと感情を出さずに抹殺する。

 

 

なるほどこれがプロフェッショナルだと納得できる仕上がりだ。

 

 

このまま続編である『メカニック:ワールドミッション』を見ることをお勧めする。

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

オンリー・ザ・ブレイブ_サムネ

タワーリング・インフェルノ_サムネ

 

タイトル メカニック
ジャンル アクション
制作国 アメリカ
上映時間 92分
日本公開 2011年8月13日
監督 サイモン・ウェスト
脚本 ルイス・ジョン・カリーノ
リチャード・ウェンク
おすすめの記事