スペシャリスト (1994年の映画) ネタバレ感想 | 結局抱くんかい!とツッコみつつもとても見やすいいい映画

U-NEXT無料お試しで視聴できます

31日間無料です

U-NEXTでドラマも視聴!2021年1月お勧め作品はこちら!

登録時間3分で視聴開始!

DIVER‐特殊潜入班‐_サムネ
アレックス・ライダー_シーズン1_サムネ

1994年のアメリカ映画「スペシャリスト」。

 

 

両親を殺された美女が元CIAの爆破プロに復讐を依頼するというシナリオ。

 

 

爆破の元CIAをシルベスター・スタローン。復讐に駆られる美女をシャロン・ストーンが熱演。

 

 

殺しの際は標的だけを仕留める爆弾を使うという事でいつ、どこで爆破するのか?というスリルが素敵な映画だ。

 

 

また2つの復讐が混じっているものの、難しいことは全くないのでとても爽快な2時間を過ごせると思います!

 

 

 

 

それでは、ここから『スペシャリスト (1994年の映画)』のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介していきます。

映画『スペシャリスト (1994年の映画)』 のあらすじネタバレ

 

レイ・クリックは爆破プロのCIA特殊工作員。

 

 

しかしレイは仕事で少女の命を奪ってしまったことに仕事で嫌気がさし、CIAを抜けた。

 

 

そんなレイに、メイ・マンローという女性が復讐のために爆弾を使った殺しをしてほしいと依頼する。

 

 

気が進まないレイだが、彼女の後をつけてその信念と熱意が本物であると確認し、爆破殺人を請け負うことにする。

 

 

 

 

1人目を殺した段階でそのあまりにも見事な手際から、プロの犯行と言うのが敵に知られるのだが・・・。

 

 

敵はレイのことを殺すのが元々の目的だったのだ。

 

 

敵はレイのかつての相棒。ネッド・トレント。

 

 

ネッドはレイがCIAを辞める際に告発されてCIAを首になった危険極まりない男だった。

 

 

 

スペシャリスト (1994年の映画)の感想 はまり役のキャストで見ごたえがある。

 

全く難しくなく頭の中空っぽで見れる爆破アクション映画でした。

 

 

標的だけを仕留めるスマートな爆破もさることながら、自分がいつ襲われても良いように常に準備しているというのが最高に痺れる。

 

 

ハリウッド版仕事人のようで痛快でした。

 

 

シルヴェスター・スタローンとシャロン・ストーンの役もはまり役で、スタローンは心に傷のある男、シャロン・ストーンは秘密のある美女がよく似合いますよね。

 

 

ツッコミどころとしてはスタローンが硬派な仕事人だったのに結局ベッドインしたところか。

 

 

あの芸術的ともいえる濃厚なセックスシーンはものすごく印象に残ったものの、

 

 

「なんだかんだ言いながら結局抱くんかい!」

 

 

と、思わず突っ込みを入れそうになる。

 

 

 

とはいえ、シーンだけ見れば美しかったので良しとしましょう。

 

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

オンリー・ザ・ブレイブ_サムネ

タワーリング・インフェルノ_サムネ

 

タイトル スペシャリスト
ジャンル アクション、
制作国 アメリカ
上映時間 110分
日本公開 1995年3月4日
監督 ルイス・ロッサ
脚本 アレクサンドラ・セロス
メインキャスト レイ・クイック -(演:シルヴェスター・スタローン)

メイ・マンロー -(演:シャロン・ストーン)

ネッド・トレント -(演:ジェームズ・ウッズ)

トマス・レオン -(演:エリック・ロバーツ)

ジョー・レオン -(演:ロッド・スタイガー)

チャーリー -(演:マリオ・エルネスト・サンチェス)

ストロングアーム -(演:セルジオ・ドーレJr.)

スタン・マンロー -(演:チェイス・ランドルフ)

マニー -(演:ブレント・セクストン)

おすすめの記事