アンタッチャブル ネタバレ感想 | デ・ニーロの顔を殴りたくなる傑作映画

1987年のアメリカ映画『アンタッチャブル 』。

 

禁酒法時代のアメリカ(シカゴ)を舞台にしたアル・カポネとエリオット・ネスたちとの戦いを描いた作品。

エリオット・ネスの自伝『アンタッチャブル』を映画化したものです。

 

そのため、ドラマティック仕立てになっていて、カポネ逮捕についてマイルドに知りたい方にはお勧めです。

 

そしてとりあえずロバート・デ・ニーロの顔を殴りたくなるで感想を抱きます(笑)

 

 

ここからは「アンタッチャブル 」のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介していきます。

なお、U-NEXTの無料見放題対象の映画ですので体験期間中ですぐに見ることが出来ます。

 

無料視聴に興味がある方はぜひこちらの記事を読んでみてください

\アンタッチャブル は無料見放題対象の作品になります。/

\U-NEXTの無料トライアルですぐに見ることが出来ます。/

>>U-NEXTで「アンタッチャブル 」を見る<<

u-next_小型サムネ

ここがポイント
31日間の体験期間で600円分のポイントがもらえるのでポイントが必要な映画は無料で見ることができます♪
試してみて「使わないかな?」って思ったら登録から31日以内なら月額料金は発生しません。極端な話。プレゼントされた600ポイントだけを使って退会してもOKなのだ!

 

禁酒法の時代。

酒を密造し、密売、または密輸をしたことでアル・カポネ(演:ロバート・デニーロ)は莫大な利益を上げていた。

そのやり方は悪辣で酒を買わない(卸さない)店を店主店員客もろとも木っ端みじんにするというものだった。

 

犯人として挙がるのは当然アル・カポネ。

シカゴ市当局は財務省にシカゴで起きる暴力事件、密造酒関連問題を解決を要請し、エリオット・ネス(演:ケヴィン・コスナー)という人物は派遣。

エリオット・ネスは自信を見せるのだが作戦は大失敗。意気消沈の帰り道で警官ジム・マローンという初老の警察官と出会う。彼の振る舞いは冷静沈着で、エリオット・ネスはマローンを覚えることとする。

 

ネスは侮辱されながらも被害者少女の母親の言葉で奮い立ち、マローンの元を訪れ新しいチームを立ち上げるための協力を請う。

そして、汚職に塗れていない新人警官のジョージ・ストーン。財務省出身でネスの応援に来た経理のオスカー・ウォレスを迎える。

 

情報を遮断できたことでネスは密造酒の摘発に成功。

しかしこれにはアル・カポネも面白くなかった。

カポネは手下を使ってネスを買収しようとしたがネスはこれを拒否。

ネスは賄賂を拒否したため家族の身に危険が迫り、妻子と離れて暮らすことになる。

 

ネスはウォレスのアドバイス通りに脱税の罪で起訴する方針を固め、本格的にアル・カポネとネスの戦いが始める。

ネスたちはマーロンが突き止めた情報を基にカナダ警察と連携し、アル・カポネの密輸の現場を取り押さえ、帳簿係と帳簿を入手。

 

 

これでアル・カポネを脱税とその画策の容疑で逮捕できることとなったのだが、

アル・カポネはウォレスと帳簿係を抹殺、証人を失ったことで検察は起訴を取り下げようとするのだが・・・。

 

マローンはもう一人の帳簿係を調べ、殺されてしまう。

マローンから受け取った情報を基にネスはファミリーの帳簿係を確保してカポネの予備審問に出席するのだが、カポネの顔には余裕があった。

 

 

そう、カポネにはまだとっておきの策があったのだ。

 

 

禁酒法についての補足。

 

本作はアメリカの禁酒法時代を背景に作られています。

これは1920年にアメリカで施行された法律でアルコール飲料全般について、その製造や販売、輸送、輸出入を禁止を目的にしたものになります。

 

禁酒法の狙いは?

 

禁酒法の成立時の狙いは『アルコールによる災い』を断ち切ることです。

 

アルコールは暴力を発生させる原因の一つとされており、酒に酔った運動家、あるいは家庭内でも酒に酔ったものが家族に暴力をふるうなどの問題がありました。

 

これが本当にアルコールのせいだと断定することはできませんが、当時の社会は不当な暴力に苦しむ声が多数あり、活発に声が上がっていました。

 

それにより禁酒党などという党も結成され、当時の大統領も酒を口にしなかったりしたせいか、ヒートアップし、

ついには第一次世界大戦のドイツのイメージがビール(アルコール)だったこともあって最終的に酒は悪しきものと断じられ、

禁酒法が成立しました。

 

禁酒法があったからアル・カポネが幅を利かせた

 

酒に苦しむ人はいれども酒が飲みたい・・・。

そんなところに目をつけたのがアル・カポネ。

彼は酒を密造し、販路を開拓して酒を運んで卸すことでありえないくらいの利益を出していきます。

その利益で邪魔ものを排除し、権力者を買収し、いつしか『暗黒街の顔役』とか『真のシカゴ市長』とまで言われるほどの権力を手にしました。

 

アル・カポネは禁酒法が生んだ怪物とも言えますよね。

 

 

●作品のまとめ表

タイトル アンタッチャブル
ジャンル クライム
制作国 アメリカ
上映時間 119分
日本公開 1987年10月3日
監督 ブライアン・デ・パルマ
脚本 / 原作 デヴィッド・マメット / エリオット・ネス
メインキャスト エリオット・ネス(演:ケヴィン・コスナー)

ジム・マローン(演:ショーン・コネリー)

ジョージ・ストーン(演:ジョゼッペ・ペトリ))アンディ・ガルシア)

オスカー・ウォーレス(演:チャールズ・マーティン・スミス)

アル・カポネ(演:ロバート・デ・ニーロ)

フランク(演:ビリー・ドラゴ)

マイク署長(演:リチャード・ブラッドフォード)

 

アンタッチャブル 感想 文句なしの名作だと思うが注意が必要。

 

禁酒法、アル・カポネ、逮捕、と来たからシリアスで骨太なストーリーを期待していたのだが予想に反してライトな仕上がり。

 

ライトな仕上がりだからこそ、見る者を選ぶことになるかもしれない。

 

例えばゴッドファーザーのようなギャング映画が見たかった場合だと、本作はライブ感が足りず、またアクションが妙にショボいから物足りないと感じるだろう。

 

余談になるが、ゴッドファーザーの場合は、独特の不気味さ、ヤバさがあり、一線を画したあるいは逸脱した雰囲気がありますが、本作のアル・カポネはただヤバい人という感じ。

 

しかし、万人受けするように作られているので、禁酒法を知る、アル・カポネを知る、ギャングとはどういう物かを知るにはうってつけの作品だと思う。

 

個人的にはこの万人受け感について絶賛したい。

 

このアンタッチャブルがあるからギャング映画というジャンルや禁酒法をテーマにした作品、アル・カポネ、ゴッドファーザーへ興味が行くからだ。

 

色んな価値を生み出す稀有な作品だと思う。

 

映画『アンタッチャブル 』動画配信サービス一覧

 

『アンタッチャブル 』の動画配信サービスは以下のようになっています。

 

動画配信サービス 配信状況(※2021年4月時点)
U-NEXT 見放題
Hulu ×
Amazonプライムビデオ レンタル
dTV 見放題
NETFLIX ×
FODプレミアム ×
TSUTAYA DISCAS/TV ×

2021年4月現在で見放題はU-NEXTとdTV。レンタルについてはアマプラ以外にもyoutubeやgoogleplayでも扱っていました。

 

この中ではU-NEXTの無料トライアルで見てしまうのをおすすめします。

U-NEXTは配信本数や見放題作品数は業界No.1です。

 

30日間の無料トライアル期間があり、トライアル申し込み完了時点で600ptが貰えます。

 

この600ptで新作の映画をみたり、雑誌やドラマを見たりと自由に使う事が出来ます。

 

 

業界No1の配信数。見放題対象作品の多さ、無料でもらえるポイントなどを考えると

断然U-NEXTをお勧めします。

 

 

アンタッチャブル を無料で見るならU-NEXTをお勧めする。

 

U-NEXTは業界最大手の動画配信サービスですが、動画配信だけではなく、漫画・雑誌・小説や成人向けのコンテンツなども取り扱っています。

 

U-NEXT_表紙

\アンタッチャブル は無料見放題対象の作品になります。/

\U-NEXTの無料トライアルですぐに見ることが出来ます。/

>>U-NEXTで「アンタッチャブル 」を見る<<

 

U-NEXTの特徴を列挙
  • 月額1,990円(税抜)だがそのうち1200円はポイントなので実質790円(税抜)
  • 31日間の解約自由のトライアル期間あり
  • トライアル期間でも600pt(1円=1pt)もらえる。
  • 毎月月初に1200ポイントがはいる。
  • ポイントは映画やドラマなどの映像作品だけでなく電子書籍にも使える
  • 1200円以上電子書籍で使った場合以降は40%がポイントバック
  • 70誌以上の雑誌が読み放題
  • 映画やドラマなどの動画が見放題(見放題作品18万~20万タイトル)

 

一見すると確かに高い月額料金かもしれませんが、そのうち1200円はポイントとしてもらえているので実際のところ税込みでも1000円も行きません。

 

 

仮に1000円として扱ったとすると大体他の動画配信サービスと利用料は同じです。

 

 

となると、決め手となるのは、オリジナル作品、見放題作品、電子書籍・雑誌類の3本になります。

 

僕がU-NEXTを利用する決め手となったのは見放題作品数の多さです。

 

 

この見放題作品本数について、U-NEXTは圧倒的で、常に20万本前後が見放題作品になっています。

 

 

見放題作品について、公開していない他社サービスもあり、公開していても4万本程度・・・。

 

U-NEXTが全てをカバーしているわけではありませんが、見たいと思った作品が大体あるのがU-NEXTです。

 

ポイント
他の動画配信サービスも優れているところはありますが、20万本と4万本では網羅性が全然違います。
「え?この作品結構有名なはずだけど、これ無いの!?」っていうのがU-NEXTではあまりありません。

 

U-NEXTのトライアル登録と解約までの簡単4STEP

 

STEP 1
●U-NEXTトライアル登録
⇒こちらから公式サイト
※31日間は無料のトライアル
STEP 2
●U-NEXTで見たい映画を検索して視聴開始
STEP 3
●続行?それとも解約?31日までに決めよう!
STEP 4
解約の場合はメニュー[設定・サポート]>[契約内容の確認・解約]から簡単にお手続き♪
※31日間の無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

オンリー・ザ・ブレイブ_サムネ

タワーリング・インフェルノ_サムネ

 

おすすめの記事