マインが嫌いな理由は?家族を殺しかけたから(本好きの下剋上)

2022年の春に3期が始まったアニメ本好きの下克上

3期が始まって盛り上がりを見せていますが、

 

人気の裏で「嫌い」とはっきり言う人もいます。

その理由としてマインの性格の悪さ・酷さがあります。

 

この記事では、本好きの下剋上の主人公マインが嫌われている理由について書いていきます。

 

本好きの下剋上のあらすじと特徴おさらい

honzukinogekokujou_manga_3_1

本が大好きな女子大生・本須麗乃は、本に埋もれて亡くなってしまう。しかし気がつくと麗乃は異世界に転生しており、病弱な少女・マインになっていた。異世界で本が普及してないことを知った彼女は、大好きな本を手に入れるために現代知識を駆使し始める。

 

本好きの女子大生がマインという異世界の少女に転生し、

本を普及させるために、必要なあらゆることをやろうとする物語です。

 

本に必要なのは紙、インクを用意する必要がある。

識字率が低いから文字を教えなくては。

文字はかるたなどの玩具や絵本が必要。教育も必要だ。

よし今度は金属活字だ。

 

というように、本にまつわるエピソードを中心にしつつ、異世界の社会に翻弄されていきます。

このクリエイティブな考察と物語の展開が多くのファンが語る本作の最大の魅力です。

作品の特徴
  • 虚弱だが魔力は作中の誰よりも潤沢
  • 現代知識を使った内政チート
  • 魔力・知識がずば抜けていて主人公を利用する勢力が後を絶たない
  • 本の普及=文明の発達のため、様々な障害がある

ものすごく説得力がある物語の展開ですが、同時に本作で最も嫌われているのが主人公であるマインについて。

その理由を書いていきます。

 

本のためなら家族を殺しかける

本好きロゴ

本好きが興じて様々な知識を持っていて就職すら決まっていた主人公。

単なる就職先として考えていたようですが、リサーチを全くしない行動をした結果、

 

一家離散・処刑の可能性すら出てきてあわや大ピンチという状況になりました。

 

社会知識の土台をある程度持っているはずなのに、軽はずみな行動をとるその姿に気持ち悪いと思うのも仕方ないと思います。

 

本のためなら社会を壊してもいい

本好き_1期_画像1

作中主人公は、『本が普及する過程で生まれた技術によって、革命を成した』という理解ができています。

 

つまり、植物紙および、植物紙用インク、活版印刷技術は社会を豊かにする反面社会に混乱をもたらす可能性を知っていることになります。

戦争・内乱の可能性があるのにそれを自分が読みたいからという理由で進めようとしている様は身勝手、性格が悪い、気持ち悪いと思われても仕方ありません。

 

結論:フェルディナンドが手厚い保護をしなければ、悲惨な末路だった可能性が高い

主人公の利用価値は近代知識潤沢な魔力なので、

戦争利用されるか、魔力電池扱いされるか、もしくはその両方という道しかありません。

虚弱によって命を落とせば運が良いとすらいえます。

 

フェルディナンドが保護していなければ

強引に貴族の養子にされて、アーレンスバッハで飼い殺し状態でしょう。

 

本好きの下剋上の見どころは?主人公でなければ始まらなかった人間ドラマ

周りの人の助けが無ければ悲惨な結末を迎えていたであろう主人公ですが、

実はその周りの人の助けが最大の見どころです。

丁寧な作りの世界観

主人公が生まれた国はユルゲンシュミットといい、主人公はその国で中小規模の領地エーレンフェストで目覚めます。

 

神々が確かな存在として実在し、神々に奉納する魔力によって世界が保たれ、また貧富が決まっています。

なお、今現在ユルゲンシュミットは魔力不足によって何十年か何百年かで崩壊する危機にあります。

 

階級社会にも注目で、身分差は絶対のもので逆らう事や反感を買うようなことはあってはなりません。

このあたりの教育はベンノさんが口を酸っぱくしてやってくれていましたね。

 

さらに神殿の存在も重要で、魔力不足の問題と階級社会の板挟みによって、神殿の本来の存在意義にも発展。

これが大筋な世界観になります。

 

またその他としては魔物と言う存在がいたり、この世界特有の競技(例えばディッターと呼ばれる集団戦)があったりと、

ハリー〇ッターをマイルドにした感じです。

 

小さなところから大きなところまで変えて社会を作る

最初にマインがやったのが石鹸やシャンプーづくりや髪飾りづくり。

お菓子・料理のレシピさらには植物紙、インクと発展し、

これの価値とその影響力に気付いたベンノさんが権利・財産・生命を守るために行動しました。

 

途中でこの役目はベンノからフェルディナンドへと交代し、

領地を巻き込んでの一大事業へと発展していきますが、今度は大領地との兼ね合いに悩まされ、

社会はどんどん動いていきます。

 

こういった積み重ねで社会が動いていく様はとても楽しいものがあります。

 

国家の魔力不足に主人公たちが巻き込まれていく人間ドラマ

 

魔力不足と言う問題は貴族院編(アニメ4期にあたる内容)に入ってから少しずつ判明していきます。

主人公の商品開発の知識や豊富な魔力がまた大領地の目に留まり、さらには王族すら目を付ける事態へと変わっていきます。

 

エーレンフェストで築いた地位では足りず、主人公たちは搾取されながらも、

権利を守ろうと奮闘した結果、親しい者とは離れ離れになっていきます。

(フェルディナンドが他領地に嫁ぐ。主人公が王族に嫁ぐなど)

 

最終章である女神の化身編ではマインを巡る人間ドラマが多方面で展開され、

国家、外国、神々をも巻き込んだ壮大なドラマになっていきます。

 

特にフェルディナンドが静かにブチ切れる様は悪魔、外道上等で非常に面白いです。

 

まとめ マインの嫌われるところと魅力は表裏一体

  • マインの考え無しの行動が嫌われる理由
  • マインが考えありで動いていたら魅力がなかった
  • 世界観とマインの行動によって魅力的な人間ドラマが始まる

いかがだったでしょうか。

本作について「マイン 嫌い」という人は結構いますが、

マインだからこそ本好きの下剋上は様々なドラマが生まれたのも事実だと思います。

 

編を重ねるごとに本好きの下剋上は面白くなっていき、

本領を発揮した面白さになるのは貴族院編からになります。

 

アニメでは4期の内容になりますが、

漫画では貴族院編は連載中なので気になる方は是非読んでみてください。

漫画版「本好き」について

配信情報

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第三部 「領地に本を広げよう!1」
【マンガ】本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第三部 「領地に本を広げよう!1」表紙より引用。

本作の漫画版は2022年6月時点で第3部5巻まで発刊されています。

U-NEXTやebookjapanなど主要な電子書籍サイトで読めますので、お好きなサイトで読んでみてください。

電子書籍サイト 本作取り扱い状況 キャンペーン・お得なメリット
ebookjapan_120

ebookjapan

初回登録時に6回使える50%OFFクーポンあり。クーポン、キャンペーンが多い
U-NEXT

U-NEXT

初回無料トライアルで、1冊無料で買える。動画も22万タイトル見放題。本作アニメも見れる

電子書籍サイトはキャンペーンが多く、安く手に入れることが出来ます。

U-NEXT web漫画部門 コミックス部門受賞作品

U-next_2205

>>U-NEXTで漫画を見る<<

 

『本好きの下克上』全話フルを無料視聴する方法

動画配信サービスの無料期間を利用することで、本記事で紹介した一部だけでなく、全話無料で視聴することが可能です。

『本好き』を無料視聴する簡単な手順を紹介します。

STEP 1
●U-NEXTトライアル登録(3分くらい)
⇒こちらから公式サイト
※31日間は無料のトライアル
STEP 2
●U-NEXTで見たいを「本好き」と検索して視聴開始
STEP 3
●続行?それとも解約?31日までに決めよう!

本好き3期_vod

おすすめの記事