寄生獣 セイの格率_サムネ

U-NEXT無料お試しで視聴できます

31日間無料です

 

2014年のアニメ「寄生獣 セイの格率」。

 

 

 

 

今や日本中にファンがいるSFホラー漫画です。

 

 

アニメを2,3回見た程度の僕がこの物語について論評するなどちゃんちゃらおかしいかもしれないが、感じたことをしっかりと書いていきたいと思う。

 

 

このアニメは善良な高校生が体の中で寄生生物と同居することになり、母親を、友人を、人間性すらも喪う中でも成長して戦い続けるというものだ。

 

 

 

それでは、ここから『寄生獣 セイの格率』のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介していきます。

 

アニメ『寄生獣 セイの格率』 のあらすじネタバレ

 

とある蛇のような寄生虫の一匹が高校生の泉新一の体に侵入しようとした。

 

 

しかし、その目論見は阻止されて右腕の中で成熟してしまい、以降寄生虫はミギーと名乗り、泉新一の文字通りの『右腕』として同居することになった。

 

 

 

 

世間では、異常な殺人事件が世間をにぎわせていた。ミギーからは「仲間による食事」だと聞かされて悩む新一。

 

 

だが、仲間同士で存在を感知し合うという特性から、新一とミギーはこのパラサイトが起こす事件に巻き込まれることになる。

 

 

命を守るために共闘して仲間たちの襲撃を退けていくものの、どうしても戦えない相手がパラサイトになってしまい、新一は致命傷を負ってしまう。

 

 

 

 

だが宿主が死ぬと自分も死んでしまうミギーは新一の致命傷を修復。

 

 

この結果、ミギーの細胞が全身に行きわたり、新一の身体能力は大きく向上するものの、

 

 

人間性の欠落が発現し、さらにミギーには強制的な睡眠が必要になってしまう。

 

 

 

 

新一は自分の周囲を守るために活動していくのだが、人間性の欠落によって自分は化け物になってしまったことに苦しむようになる。

 

 

 

 

寄生獣 セイの格率の感想 田宮良子が退場するまででいいから見てほしい

 

見どころを含めたあらすじネタバレを書きましたが、

 

 

 

この人間性の欠落に対して、向き合っていく新一の姿はひどく痛ましく、悲しいものがありました。

 

 

全24話とそれなりのボリュームがあるのだが、どの話にも悲壮、葛藤、傷痕があって見ごたえがある。

 

 

誰にも打ち明けられないという孤独が主人公を苦しませているのに涙一つでないという悲しみ。

 

 

涙を流せないことで人間かどうかを確認するために、頭を打ち付けて血が赤いことを確認するなど切なすぎるだろう。

 

 

泣くべきなのに泣けない、取り乱すべきなのに取り乱せない。

 

 

 

 

18話まではその苦悩が新一を常に襲っていきます。

 

 

 

 

すべてはパラサイトが原因なのだが、新一が人間性を取り戻すきっかけになったのは田宮良子(後の田村玲子)というパラサイトでした。

 

 

 

田宮良子は作中新一やミギーを実験のサンプルとして扱ったりしており、作中でも最も気味が悪い存在でしたが、

 

 

 

彼女は18話『人間以上』にて誰も予想していないような最期を遂げます。

 

 

彼女の選択した末路はまさしくサブタイトルである「人間以上」だと思う。

 

 

 

何せ彼女はパラサイトの中でも最強クラスの実力を持っており、その実力を発揮すれば窮地を打破することも容易でした。

 

 

 

ですが、それを由とせず、パラサイトでも人間性を学び、暴力による解決をしなかったその姿は確かに人間以上と言える。

 

 

 

あの下りは本当に良かった。

 

 

作中屈指の頭脳を持つミギーでさえ田村玲子の選んだ結末を理解することができませんでした。

 

 

泉新一が人間性を取り戻した納得のいくエピソードで、この18話を楽しむために寄生獣を見る価値はあると思います。

 

 

 

 

ここから先19話以降は泉新一はパラサイトと人間の中間の存在であっても、自分らしく生きていくことになります。

 

 

そう考えるとある意味この18話がこの作品のテーマであり、それ以降の6話は広げた物語を終わらせるエピローグみたいな感じですね。

 

 

 

アニメ24話を全体的にみると、その構成は見事という他なく、付け足すことも差し引くことも必要のない傑作だと思う。

 

 

 

中だるみがなく、飽きがこない。

 

 

伏線を散りばめる精緻が売りの漫画を読むのも楽しいですが、パパっと広げた世界観の中で主人公が一歩一歩進んでいくシンプルな漫画もまたいいものです。

 

 

最後にエンディングテーマも素晴らしいから紹介したい。

哀しい描写で終わる各話の後に流れるに本当に相応しいと思う。

 

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\漫画もポイントで買えるよ♪/

 

寄生獣 セイの格率_サムネ

 

 

タイトル 寄生獣 セイの格率
ジャンル SF、ホラー、アクション
制作国 日本
上映時間 1話22分 24話まで
日本公開 2014年10月~翌年3月
監督 清水健一
原作 岩明均

 

おすすめの記事