大好きな妻だった(漫画) この漫画を読んだら奥さんに愛してるって言いましょう

「大好きな妻だった」はタイトルの通り大好きだった奥さんとの物語。

 

シンプルなタイトルなのですが、読むにつれてタイトルの捉え方が変わるような心にギュッとのしかかる作品です。

 

尊敬し合える夫婦の間に起きた哀しい問題。

大好きな妻が変わっていくも、受け入れて見守る夫。二人の心境の変化などに注目です。

 

でもその真相を旦那が知った瞬間は読んでるこちらも号泣しました!

 

この記事では大好きな妻だったについて紹介していきます。

 

大好きな妻だったの簡単なあらすじ・見どころを紹介

高橋 昴と千香。仲睦まじい夫婦の間に起こった出来事

大好きな妻だったのあらすじより

短編作品なので早いスピードで話は展開していきます。

 

最初は暗さがあって、仲悪いのかなこの二人?ここから変わっていくのか?と思いきや。実はそんなことはなく。

何でも言い合える理想的な夫婦が広がっていきます。

 

ですが、悲しいことに奥さんに末期がんが見つかり、妻は別人のように変わっていってしまう・・・。

 

という物語。

結末はわかりやすいですが、その展開の中で妻と旦那の思いが描かれているので、短いながらも引き込まれる一作になってます。

 

大好きだった妻が病気になり別人のようになってしまったこと、大好きだった妻が最後は亡くなってしまったこと。

その二つの意味を考えるとタイトルの「大好きな妻だった」も作品をうまく表現していると思います。

嘘が下手だったと思い出すシーンは二人が以前の夫婦に戻る瞬間でとても素敵です。

 

まとめ こんな夫婦でありたいと思う

  • 涙が止まらない
  • 結末が分かってても感動してしまう
  • 嫁に愛してるって言いたくなる
  • 読了感が心地よい

短編で直ぐに読めるから絶対に読んでほしいと思う。

 

すごく心に来る作品で、感動の中に悔しさ、やるせなさがあって感情が揺さぶられていく。

奥さんの不安、変わらぬ愛情を注ぐ夫。二人の優しさで心が満たされていく。

 

何故この夫婦にこのような別れが訪れるのか悔しくてたまらない。

そんな風に思わずにはいられないし、またこの二人のような愛を築いていきたいと思う。

 

この本を読んだら奥さんに愛してるって言いましょう!

 

「大好きな妻だった」について お得に買うならこのサイト


大好きな妻だった_漫画表紙
明日、私は誰かのカノジョ 漫画表紙より引用。

本作の漫画版は2022年7月時点で1巻まで発刊されています。

漫画版を集めるならばこの3つのサイトがお勧めでした。

電子書籍サイト 本作取り扱い状況 キャンペーン・お得なメリット
新規会員登録後100冊まで40%オフ
初回登録時に6回使える50%OFFクーポンあり

クーポン、キャンペーンが多い

初回無料トライアル600ptを使って割引価格で買える

アニメ・映画・海外ドラマなども見れる

1200円以上の購入でそれ以降40%ポイントバック(例:6月に1200pt以上なら6月中は40%オフ)

本作だけを読みたい場合 ⇒Abemaマンガ

本作以外に漫画・小説を集めたい⇒ebookjapan

本作漫画・小説・アニメを見たい⇒U-NEXT

ebookjapanについてコミックシーモアが対抗馬に上がりますが、業界最大手のebookjapanのほうを推奨します。

ebookjapanを知りたい方は>>こちら

 

おすすめの記事