アナと雪の女王(ディズニーアニメ) ネタバレ感想 | 感動するけどエルザが強すぎて笑ってしまう

U-NEXTのトライアル登録時のポイントで無料で視聴できます

31日間無料です

U-NEXTでドラマも視聴!2021年03月お勧め作品はこちら!

登録時間3分で視聴開始!

DIVER‐特殊潜入班‐_サムネ
アレックス・ライダー_シーズン1_サムネ

2013年のアメリカ映画「アナと雪の女王」。

 

 

ありのままの自分を見せて、受け入れることの大切さをテーマにした優しくなれる傑作映画。

 

 

とまぁ一般的にはそんな感じのイメージですが、個人的には、雪の女王ことエルサのやってることのすさまじさに目を奪われてしまう。

 

 

常時発動で悩むとはいえ、ゴーレムを作ったり城を作ったりと力を何の制限もなく行使できるの驚愕に値する。

 

 

それでは、ここから『アナと雪の女王(2013年アニメ)』のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介していきます。

映画『アナと雪の女王(2013年アニメ)』 のあらすじネタバレ ちょっとおふざけVer

 

氷雪系の魔法の力を持って生まれた王女のエルサ。

 

 

ある日エルサは妹のアナにせがまれて王宮で雪遊びをしていたところ、魔法がアナにあたって意識不明にさせてしまう。

 

 

姉妹の親である王と王妃はトロールを頼り、アナの記憶からエルサの魔法の記憶を書き換えることで意識を戻させた。

 

 

王はエルサの力は成長と共に強まるため、魔法を抑える手袋をつけさせ、城門を閉ざしてエルサの力が世に漏れぬようにする。

 

 

いつかその力がコントロールできるようになるまでと考えていたが、王と王妃は海難事故で命を落としてしまう。

 

 

 

 

成人したエルサは女王として即位。

 

 

戴冠式やパーティを無事に終えるものの、アナは隣国の王子ハンスに出会って恋に落ち、結婚を約束してしまう。

 

 

しかし出会ってその日に結婚など早すぎる。

 

 

エルサは二人の決断に反対するのだが、アナはわけのわからない閉塞的なこの生活がもう耐えられなかった。

閉塞的な生活の理由
エルサの力が外に漏れないようにするためだが、アナは記憶改ざんされているのでわけわかめ状態。

 

口論の最中にエルサは手袋をアナに取られてしまい、エルサは反論した際に魔法が発動してしまう。

 

 

自分の力が露呈し、怪物と呼ばれたエルサは王国から逃げ出すのだ。

 

 

 

 

エルサはノースマウンテンに辿り着いて氷の城を建造し、ありのままに生きていこうとする。

 

 

アナは国が雪に閉ざされた国をなんとかするためにハンスに国を任してエルサの元に行くのだが。

 

 

自分の国が欲しいハンスはこの隙に暗躍を始めるのだった。

 

 

一方アナはクリストフという心優しくも体臭がきつい青年と出会い、協力を経てエルサの元に辿り着く。

 

 

 

 

アナと雪の女王(2013年アニメ)の感想 面白いけどエルサがやはり気になる。

 

愛と勇気の物語であることに疑いの余地はないのだがそれよりも、エルサの性能がヤバすぎる。

 

 

魔法の使用に関して何の制限もなく、対価も支払わないから、どんな世界観の魔法使いよりも強力だと思う。

 

 

雪を放出する能力なんて序の口。

 

 

強度を保ったまま氷の橋を作ったり精緻な城を作ったりと色々ともうヤバい。

 

 

おまけにオラフのように知性のある生物や、強力なアイスゴーレムすら作り出す。

 

 

たった一人で軍隊すら作れるし、攻め込んで近場に城を作って攻城戦とかもできる。

 

 

兵站もいらないことから、もしこんなのに狙われたら絶望しかないだろう。

 

 

オラフを量産して労働力にできるから、ガチで一人で国家とか作れそう。

 

 

難点は北半球化南半球の太陽の光の届かない場所じゃなきゃダメってところか。

 

 

そうなると農耕は厳しいから、工業系かなぁ・・・とまぁファンタスティックな妄想がはかどってしまったわけです。

 

 

割とふざけ倒した感想でしたが、ディズニー映画の中でも高いバランス感覚を持った名作だと思います。

 

 

なお、アナ雪2についてもぜひ見ても強い。アナ雪2も続編に相応しい格を持っていてすごく面白いです。

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

オンリー・ザ・ブレイブ_サムネ

タワーリング・インフェルノ_サムネ

 

タイトル アナと雪の女王(2013年アニメ)
ジャンル ファンタジー
制作国 アメリカ(ディズニー)
上映時間 103分
日本公開 2014年3月14日
監督 クリス・バック
ジェニファー・リー
脚本 クリス・バック
ジェニファー・リー
おすすめの記事