ドラゴンボール_スカウター

 

日本を代表するアニメ「ドラゴンボール」。

 

ドラゴンボールのサイヤ人編で出てきたスカウターという装置の登場により、

ドラゴンボール_スカウター

戦闘力という強さを数値化することができるようになりました。

 

 

悟空やピッコロ、そしてラディッツなど、主要なキャラクターの戦闘力が明らかになっていき、

 

じゃあ他のメンバーはどうなの?と当時ワクワクしたことを覚えています。

 

 

 

しかし、この戦闘力について、フリーザ編の後半から、

 

スカウターでは測り切れないほど戦闘力が高まってしまったため、

 

 

 

各キャラクターの正確な戦闘力については作中では語られなくなってしまいました。

 

 

 

唯一、ドラゴンボール大全という公式書籍で戦闘力は判明しているのですが、

 

それがもうエライ事になっており、そのまま鵜呑みにするのはちょっと違うんじゃないか?とすら思うようになります。

 

 

 

 

例えば悟空がスーパーサイヤ人になったときの戦闘力は1億5千万

 

 

 

ちょっと前までベジータが1万8千だったんですよ?

 

1万倍差があるっていくら何でもやりすぎです。

 

 

 

 

そこで、管理人の独自の見解や作中の描写から戦闘力を推察してみたいと思います。

 

 

 

ドラゴンボールの戦闘力を推察!

戦闘力を推察するにあたり、原作の漫画やアニメで判明している事実、

 

ファミコンなどのゲームでの戦闘力、

 

ドラゴンボール大全で語られている戦闘力の上昇倍率などを参考にしていきます。

 

 

 

 

個人的には、ファミコンなどのゲームでの戦闘力数は納得のいく数値が多いので、これをベースにすることが多いと思います。

 

それでは戦闘力の推察していきたいと思います。

 

 

 

 

なお、戦闘力の推察開始地点は原作でスカウターがギリギリ役に立ったフリーザ編中盤のギニュー特戦隊あたりからとします。

 

※ 作品について中傷する気はなく、一ファンの私見と思って温かい目で見ていただければ幸いです。

 

 

 

 

ドラゴンボール フリーザ編中期 ギニュー特戦隊からフリーザとの戦い開始までの戦闘力を推察してみる

原作を読んでいると分かるのですが、

 

ギニュー隊長およびギニュー隊長と戦った際の悟空以降の戦闘力については正確な値は分かっていません。

 

そのため、ここではドラゴンボールの各種ゲームでの情報とドラゴンボール大全集の情報を参考に決めていきます。

 

ギニュー特戦隊および、ベジータ、悟飯、クリリンの戦闘力

グルド:1万

ジース:5万

バータ:5万

リクーム:5万

ギニュー:12万

 

 

 

ただし、ゲームの情報によるとジース、バータ、リクームについては5万~7万まで幅があります。

 

さらに補足になりますが、ギニュー隊長はジースに連れてこられて悟空を見た際、以下のことを言っています。

 

『愚か者め。スカウターの数値だけを見てるからそういう目に合うんだ』

 

『戦闘力6万程と見た』

 

つまりギニュー隊長が言いたいのは、強力なサイヤ人だが油断さえしなければ『決して倒せない相手ではない』ということです。

 

その為、ジース、バータ、リクームについては戦闘力5万~7万というのは、あながち的外れな戦闘力ではないと言えます。

 

 

 

 

続いてベジータたちの戦闘力はこちら。

 

 

 

ベジータ:3万(最大)

悟飯:5千~2万~?(最大)

クリリン:1万(最大)

 

 

悟飯については最長老が『すさまじい潜在能力をお持ちですね…あなたは地球人では・・・』と語っており、

 

この言葉から、地球人でかつ、最初に潜在能力開放をしたクリリンよりも大きな潜在能力を持っていることが推測できます。

 

さらに、後に潜在能力開放をして戦闘力が上昇した悟飯について補足します。

 

ベジータは『そうか・・・カカロットのヤツが来ていやがるのか』と勘違いをしており、続いて、

 

『なぜ基本パワーが急激に上がったんだ!』と言っています。

 

 

 

 

ベジータはこの時点で戦闘力のコントロールという技術を身に着けているので、『基本パワー』という言い方をしたのだと思われます。

 

また、悟飯については怒り方によっては戦闘力の上昇率が変わるため、最大戦闘力は分かっていません。

 

 

 

 

アニメにて悟飯がリクームとの戦いで魔閃光を放つ際、バータは『一瞬だが、戦闘力2万を超えやがった』と言っているので、

 

怒ってない場合の悟飯の最大戦闘力は2万だと思われます。

 

 

 

 

ギニュー戦をヒントに悟空の戦闘力を推察してみる。

ギニュー戦時における、悟空の最大戦闘力は46万だと思われます。

 

この数字を推測した根拠について書いていきます。

 

 

 

ギニュー隊長に『本当の力を見せろ』と言われ、悟空は界王拳を使い、戦闘力18万という数値を出しました。

 

悟空はリクームたちと戦う際、(基本)戦闘力5000であることが分かっており、

 

 

 

逆算すると、戦闘力が36倍になっています。

 

 

 

しかし、そうではありません。

 

 

 

悟空は戦闘力のコントロールをができるので、界王拳を使わなくてもある程度までは戦闘力を上げることができます。

 

 

 

では界王拳を使わない状態での限界戦闘力はいくつなのか?

 

 

 

答えはギニュー隊長が出してくれました。

 

 

 

悟空の身体を『チェンジ』で乗っ取ったギニュー隊長は悟飯やクリリンと戦った際、

 

筋肉に目いっぱい力を込めながら戦闘力2万3千という数値を出しています。

 

 

 

 

つまり、この2万3千が悟空の素の状態での最大戦闘力と言えます。

 

(※かめはめ波などの技を使えばおそらく、3倍の6万9千だと思われる)

 

したがい、悟空の界王拳を使った際の最大戦闘力は・・・

 

2万3千×20倍で46万ということになります。

 

 

 

悟空が戦闘力18万を出した際、ギニュー隊長に向かって「瞬間的に出せる力はまだまだこんなもんじゃねぇ」

 

というセリフがあります。が、最大戦闘力が46万だとすれば納得のいく数値ではないでしょうか。

 

 

 

 

フリーザ戦時のベジータの戦闘力は40万?でも実はフリーザを超えている可能性もある!

ベジータはリクームに殺されかけてからフリーザ第一形態と戦うまでの間、瀕死復活パワーアップで戦闘力を大きく伸ばしました。

 

具体的な戦闘力数値は分かりませんが、

 

戦闘力53万のフリーザに対し、目いっぱい戦闘力を上げればなんとかフリーザと戦えるくらいには仕上がっていました。

 

 

 

 

そしてベジータは『俺とこいつらの3人で戦えば何とか勝てる』と言い放ちます。

 

アニメでもベジータはフリーザの攻撃を受け止めたり、エネルギー弾を弾き飛ばしたりとなかなかの奮戦をしている描写があります。

 

 

 

 

ベジータの台詞やこれらの描写から、少なくともこのベジータは変身前のフリーザに匹敵するくらいの戦闘力を身に着けていることが分かります。

 

恐らく、ベジータはフリーザの戦闘力の70%から80%くらいあたりの戦闘力は持っているものと考えられます。

 

(足りない分は戦闘による自身の成長速度及び、悟飯とクリリンの力を当てにしていた)

 

 

 

 

つまり、ベジータの戦闘力はこの時点で40万~45万くらいだと思われます。

 

ドラゴンボール大全集によると25万らしいのですが、ベジータとフリーザの戦闘シーンを見なおすと、

 

倍以上の戦闘力(54万)を相手にしている立ち回りにはとても見えないほど善戦しています。

 

 

 

 

リクーム(戦闘力5万~7万)とベジータ(戦闘力3万)の戦いを思い出していただきたい。

 

 

 

 

倍の差があれば、それはもはや絶望的な差と言ってもいいのです。

 

 

そして、実はこの時点でベジータがフリーザの戦闘力53万を越えている可能性が一つあります。

 

 

それはフリーザの持っている最新式のスカウターが壊れたということ。

 

 

 

 

フリーザの戦闘力は53万です。

 

これはスカウターで戦闘力を計測できたということです。

 

にもかかわらず、フリーザの持っているスカウターは計測できずに壊れました。

 

つまり、ベジータはこの時点でフリーザの戦闘力53万を超えていた可能性があるのです。

 

 

 

フリーザとの戦闘でベジータは息が上がってる描写がありましたが、

 

これは強敵との緊張によるものと考えれば合点がいきます。

 

 

 

そうなるとベジータの戦闘力は大体60万前後ほどでしょう。

 

フリーザの変身によるパワーアップを考慮し、同じサイヤ人である悟飯、地球人のクリリンがいれば、

 

『俺とこいつらの3人で戦えば何とか勝てる』

 

というのも辻褄があうと言えます。

 

 

 

 

フリーザ第二形態の戦闘力は100万以上だが、もしかしたらこの時点で300万以上?

本作では戦闘力のコントロールができるものは珍しいという話がありました。

 

地球でベジータたちがピッコロたちを見てそのことに驚いていましたよね。

 

 

 

 

実は、フリーザも戦闘力のコントロールができます。

 

 

 

 

これは原作にはない(と思う)アニメでのセリフなのですが、フリーザが第二形態になった際、ベジータが

 

『やつが、戦闘力のコントロールができるとは・・・!(Zの79話参照)』と言っています。

 

 

 

 

ただこれをそのまま真に受けてしまうと、フリーザ第二形態の戦闘力100万以上とかそういう言い方にはならなくなってしまいます。

 

悟空たちは戦闘力のコントロールでベジータの言う基本パワーの平常戦闘力を何倍にもすることができています。

 

その上げ幅は大体3倍以上。

 

これをフリーザに適応した場合、フリーザは第2形態時点で最大戦闘力が300万程になりますので、

 

フリーザ第2形態の戦闘力は100万から300万でしょう。

 

 

 

 

フリーザ第三形態の戦闘力はいくつになるのか?この時点のピッコロや悟飯の戦闘力は?

原作やアニメではフリーザが2回目の変身をした時点で戦闘力数については語られることはなくなりました。

 

そのため、戦闘描写でそれを推測するしかありません。

 

 

 

フリーザ第三形態とメインで戦ったのはピッコロと怒り状態の悟飯の二人。

 

ピッコロはフリーザ第二形態と接戦を繰り広げ、そして勝利を確信したような笑みを浮かべていました。

 

つまりピッコロの戦闘力は100万~330万といったところでしょう。

 

 

 

しかし、フリーザが第三形態になったときには、手も足も出ないといった劣勢に追い込まれてしまいます。

 

 

当のフリーザは別段戦闘力のコントロールをしたというような印象もないため、

 

ほぼ、基本戦闘力のみでピッコロを圧倒したということになります。

 

よって、フリーザ第三形態の戦闘力は350万からその3倍の1050万といったところでしょう。

 

 

 

 

次に悟飯についてですが・・・。

 

悟飯はフリーザ第二形態に死の寸前まで痛めつけられており、その後デンデによって治療され、瀕死復活パワーアップを遂げています。

 

サイヤ人の特性である瀕死復活パワーアップの伸び幅についてはその時点の敵の戦闘力に依存すると思われるため、

 

戦闘力80万くらいが基本戦闘力だと考えられます。

 

そして悟飯は怒りの度合いによって戦闘力が激しく変わります。

 

 

 

第二形態のフリーザを驚かせた戦闘力であること、僅かながらダメージを与えることができていたことを加味すると

 

悟飯の戦闘力は80万から5倍の400万と思われます。

 

 

 

フリーザ第四形態の戦闘力はいくつになるのか?この時点のベジータの戦闘力とスーパーサイヤ人になった悟空の戦闘力を考察

これまでのフリーザの戦闘力の上昇遷移から、フリーザは変身するごとに戦闘力が約3倍になるということが推測できています。

 

つまり、第四形態の戦闘力は1200万からその3倍の3600万であると推測がたちます。

 

しかし、フリーザはまだフルパワーという戦闘力を限界に高めた形態を持っています。

 

 

 

ドラゴンボール大全集によればその際のフリーザの戦闘力は1億2千万らしいです。

 

僕がはじき出した基本戦闘力の10倍と考えると、なるほど確かに妥当に見える数字です。

 

 

 

では本当にそうなのか?を多角的に見ていきましょう。

 

 

 

フリーザ第四形態と戦ったのはベジータ、悟空の二人になります。

 

ベジータについては、第三形態を見てから瀕死復活パワーアップを実行しており、

 

『自分こそがスーパーサイヤ人だ』と自信満々に言っていました。

 

 

 

さて、話を戻すと、瀕死復活パワーアップには敵の強さのイメージが必要で、それが成し遂げられた際には、

 

敵の基本戦闘力と同じ位になります。

 

フリーザの第三形態の戦闘力は先ほどはじき出した通り、350万からその3倍の1050万。

 

さらに、フリーザ第四形態のスピードにもついてこれていたことも考慮すると。

 

ベジータの戦闘力は1000万から1500万でしょう。

 

ベジータの最大戦闘力についてですが、おそらく、ベジータは戦闘力のコントロールを覚えたばかりであるため、

 

それほど自身の戦闘力を上昇させることはできないと思われます。

 

 

 

 

恐らく、目いっぱい頑張っても1.5倍程度。

 

その根拠は以下の2つのポイント。

 

・キュイ戦にてベジータの戦闘力は戦闘力が2万2千だったこと。

 

・リクーム戦でベジータは戦闘力3万だったということ。

 

つまり、ベジータは戦闘力を倍にするほどの戦闘力コントロールを身に着けていないということです。

 

 

 

 

それを証明するように、ベジータはフリーザの強さ(戦闘力)を見誤ります。

 

アニメではピッコロが『ベジータはやられる』と言っているのに。

 

 

 

フリーザの戦闘力1200万から3600万に対してベジータの戦闘力は1000万から1500万。

 

 

 

フリーザがちょっと本気でスピードを出したらベジータは動きを追うことができなくなっていました。

 

 

 

そして、全力の、ピッコロ曰く『星ごと壊す気か!』というレベルのエネルギー波は

 

気合を入れただけの、ただの前蹴りではじかれてしまいました。

 

 

 

それでは次に孫悟空の戦闘力をみつつ、フリーザの戦闘力を再確認してみましょう。

 

 

 

ギニューに身体を奪われ、ベジータにフルボッコにされた悟空。

 

瀕死復活パワーアップには敵が必要で、その相手は当然フリーザになります。

 

悟空はメディカルマシーンで治療中、完治するまでの間フリーザの気を探って様子を見ていました。

 

 

 

つまり、ここで、敵の強さのイメージを悟空は覚えます。

 

 

 

また、今回の悟空の瀕死復活パワーアップについてですが、面白い見解が生まれました。

 

仮に悟空の戦闘力の伸び率を、ベジータと同じ伸び率だとすると、

 

悟空は界王拳の上乗せで、フリーザ以上の戦闘力を身に着けてしまうことになります。

 

つまり、瀕死復活パワーアップは当人の戦闘スキルが考慮される。

 

この見解を元に悟空とフリーザの戦いの描写から悟空の戦闘力を割り出していきたいと思います。

 

 

 

悟空は10倍の界王拳を使いフリーザに挑んでいます。

 

原作では界王拳を使っている描写は20倍界王拳の時くらいしかないのですが、アニメでは、攻撃や回避、防御などの時にだけ界王拳を使っているとう描写が追加されています。

 

 

 

しかし、10倍界王拳でもほぼ防戦一方で有効打はなく、フリーザのほうもそれほど本腰を入れて戦っていませんでした。

 

まずこれらの戦闘描写から、悟空の戦闘力は先ほど推測したベジータの戦闘力1500万を超えているということになります。

 

 

 

戦闘力は10倍界王拳で2000万といったところでしょう。

 

つまり悟空の戦闘力は200万ということになります。

 

20倍界王拳で4000万。

 

ここでフリーザの戦闘力についてもう一度考えましょう。

 

 

 

フリーザの戦闘力1200万から3600万と先ほど仮定しました。

 

アニメでフリーザは悟空に対してこのように言っています。

「半分の力も出していない」

「マックスパワーの半分も出せば君を宇宙の塵に出来る」

 

 

そして悟空はこのように言っています。

「本当に半分の力も使っていないなら20倍界王拳を使っても勝てない」

 

 

 

これだけではまだ推測を立てることはできません。

 

思い切ってスーパーサイヤ人まで話を進めてみましょう。

 

 

 

スーパーサイヤ人になった際、悟空はフリーザを圧倒するようになります。

スーパーサイヤ人の上昇倍率は50倍であることが分かっています。

 

 

 

200万×50=1億。

 

 

ドラゴンボール大全集によれば1億5千万なので、なるほど納得のいく数字であると言えます。

 

※ちなみに激震フリーザなどのゲームではフリーザの戦闘力は300万程度です。

 

 

1億でフリーザのマックスパワーを圧倒していました。

 

悟空はフリーザの攻撃を食らうものの、深刻なダメージを受けている描写は一切ありません。

 

絶望的な差では無いものの、覆すことができない程度の差。

 

 

おすすめの記事