ドラゴンボール_スカウター

この記事は『ドラゴンボールの戦闘力を真面目に推察!その1 ギニュー特戦隊編の戦闘力を考える』の続きの記事になります。

前回の記事が気になる方はこちらをどうぞ

 

日本を代表するアニメ「ドラゴンボール」。

ドラゴンボールのサイヤ人編で出てきたスカウターという装置の登場により戦闘力という強さを数値化するものが現れました。

しかし、スカウターの役目は割と早めに終わってしまうため、

その後のドラゴンボールキャラの戦闘力については良くわからなくなっています。

ドラゴンボール_スカウター

 

本記事ではドラゴンボールのフリーザ編での戦闘力を考察していきます。

 

ドラゴンボールの戦闘力を推察!フリーザ編

 

戦闘力を推察するにあたり、原作の漫画やアニメで判明している事実、

ファミコンなどのゲームでの戦闘力、

ドラゴンボール大全で語られている戦闘力の上昇倍率などを参考にしていきます。

 

※ 作品について中傷する気はなく、一ファンの私見と思って温かい目で見ていただければ幸いです。

 

フリーザ戦時のベジータの戦闘力は25万ではなく40万?

  • ベジータ:40万
  • フリーザ:53万
ベジータの公式戦闘力は?
この時点でドラゴンボール大全によると25万らしいが・・・?。

 

ベジータはリクームに殺されかけてからフリーザ第一形態と戦うまでの間、瀕死復活パワーアップで戦闘力を大きく伸ばしました。

 

具体的な戦闘力数値は分かりませんが、

戦闘力53万のフリーザに対し、目いっぱい戦闘力を上げればなんとかフリーザと戦えるくらいには仕上がっていました。

そしてベジータは『俺とこいつらの3人で戦えば何とか勝てる』と言い放ちます。

 

ということは、戦闘力53万に勝てるという可能性があるという事です。

 

アニメでも実際ベジータはフリーザの攻撃を受け止めたり、エネルギー弾を弾き飛ばしたりとなかなかの奮戦をしている描写があります。

ベジータの台詞やこれらの描写から、少なくともこのベジータは変身前のフリーザに匹敵するくらいの戦闘力を身に着けていることが分かります。

 

 

恐らく、ベジータはフリーザの戦闘力の80%くらいの戦闘力は持っているものと考えられます。

70%の根拠
※30%差はほぼ一方的な展開になる(ベジータ対ザーボン戦を見る限り)
残る差については、戦闘による自身の成長速度の考慮、さらに悟飯とクリリンの力を当てにしていた)

 

つまり、ベジータの戦闘力は42万4千(フリーザの80%)だと思われます。

 

ドラゴンボール大全集によると25万らしいのですが、

25万のわけがありません。

 

 

倍以上の戦闘力差で善戦してる戦闘描写は今までありません。

 

 

リクーム(戦闘力5万)とベジータ(戦闘力3万)の戦い

2倍界王拳の悟空とベジータの戦いを思い出していただきたい。

 

倍の差があれば、勝てる見込みは皆無で、倍以上の差があるフリーザ相手に25万のベジータでは勝てる見込みなど生まれるはずがありません。

 

 

ベジータとフリーザの戦闘シーンを見なおすと、フリーザには劣るが持ちこたえているくらいの戦闘描写になっています。

 

そして、ベジータはフリーザが変身できることをザーボンから聞き、

その変身パワーアップを考慮し、40万の戦闘力をもつベジータ、そして同じサイヤ人である悟飯、防御だけは中々のものな地球人のクリリンがいれば、

 

『俺とこいつらの3人で戦えば何とか勝てる』

 

というのも辻褄があうと言えます。

 

 

フリーザ第二形態の戦闘力は100万以上だが、実際どうなの?

  • フリーザ第二形態:100万~300万

 

本作では戦闘力のコントロールができるものは珍しいという話がありました。

地球でベジータたちがピッコロたちを見てそのことに驚いていましたよね。

 

実は、フリーザも戦闘力のコントロールができます。

これは原作にはない(と思う)アニメでのセリフなのですが、フリーザが第二形態になった際、ベジータが

『やつが、戦闘力のコントロールができるとは・・・!(Zの79話参照)』と言っています。

 

戦闘力がどれくらい上昇するかについてはわかりませんが、

 

悟空たちは戦闘力のコントロールでベジータの言う基本パワーの平常戦闘力を何倍にもすることができます。

その上げ幅は大体2倍から3倍ほどです。

 

これをフリーザに適応した場合、フリーザは第2形態時点で最大戦闘力が300万程になりますので、

フリーザ第2形態の戦闘力は100万から300万でしょう。

 

 

フリーザ第三形態の戦闘力はいくつになるのか?この時点のピッコロや悟飯の戦闘力は?

  • フリーザ第二形態:100万~150万?
  • ピッコロ:100万~200万
  • 悟飯:80万~240万?(最大)
  • フリーザ第三形態:200万~250万?

 

原作やアニメではフリーザが2回目の変身をした時点で戦闘力数については語られることはなくなりました。

 

戦闘描写で推測して見ましょう。

フリーザ第三形態と戦ったのはピッコロと怒り悟飯の二人。

ピッコロはフリーザ第二形態と接戦を繰り広げ、そして勝利を確信したような笑みを浮かべていました。

 

つまりピッコロの戦闘力は100万~200万といったところでしょう。

さらにフリーザが第三形態になったときには、手も足も出ないといった劣勢に追い込まれてしまいます。

 

この際、フリーザは戦闘力のコントロールをしたというような印象もないため、

ほぼ、基本戦闘力のみでピッコロを圧倒したということになります。

 

よって、フリーザ第三形態の戦闘力は200万から250万といったところでしょう。

 

悟飯についてですが・・・。

まず、フリーザ第二形態に死の寸前まで痛めつけられており、その後デンデによって治療され、瀕死復活パワーアップを遂げています。

 

サイヤ人の特性である瀕死復活パワーアップの伸び幅についてはその時点の敵の戦闘力に依存すると思われるため、

戦闘力80万くらいが基本戦闘力だと考えられます。

 

悟飯は怒りの度合いによって戦闘力が激しく変わります。

フリーザ第三形態に対して攻撃を放っており、フリーザを驚愕させました。

 

ちなみにこの時の描写について

第二形態のフリーザを驚かせた戦闘力であること、僅かながらダメージを与えることができていたことを加味すると

悟飯の戦闘力は80万から240万ほどと考えていいと思います。

 

 

フリーザ第四形態戦の戦闘力考察。

  • フリーザ第四形態:300万~?
  • 悟空:300万~6000万~?
  • ベジータ:250万~400万?

 

さて、いよいよフリーザ第四形態。つまり最終形態の戦闘力考察をする時がやってきました。

答えを言うと、ドラゴンボール大全は正しいと思われます。

 

それでは考察を始めてきます。

 

まずベジータについてですが、おそらく250万から400万の戦闘力だと考えます。

根拠について、変身を重ねるフリーザの実力を見て、ベジータ自身が勝てると判断したからです。

 

ベジータの勝利判断根拠とその結果描写

 

フリーザは変身するごとに100万ずつ基本戦闘力を上げており、

戦闘力のコントロールによる上昇倍率を見せています。

 

フリーザの第4形態は戦闘力300万~350万と仮定しており、

ベジータは勝利を確信。

恐らく、この時点のベジータの最大戦闘力は400万ほどでしょう。

 

しかし、フリーザ曰く「ちょっと本気」を出した動きには全くついていけず、見失っている。

さらに、かつてないほど絶望して戦意喪失。

 

ドラゴンボール世界では戦闘力差が倍になると、勝てる見込みは0に等しいため、

この時のフリーザは800万から1000万くらいだろう。

 

今までフリーザが見せた戦闘力コントロールはもはや参考にならず、フリーザの実力に恐怖するのも仕方ありません。

 

まぁベジータはそもそも戦闘力コントロール自体覚えたてで上昇倍率がかなり低いんですがね。(せいぜい3割アップ)

戦闘力のコントロールについて作中屈指の天才であるフリーザからすれば笑いがこみあげるくらいには拙かったんでしょう。

 

 

悟空を見て、悟空の勝利を確信?ベジータが『本気でやったほうがいいぜ』と言った理由は?

 

ベジータは復活した悟空の姿を見て、「限界を突破しやがった」と評しており、

素の状態でフリーザ並みの戦闘力を持っていることが分かります。

 

また、界王拳で戦闘力を何倍にもできることから、フリーザに「本気でやったほうがいいぜ」などと言ったんでしょう。

ギニュー戦の悟空を見て、高倍率で戦闘力を変えられることから、

その高倍率で変わった戦闘力にはさすがのフリーザも本気にならざるを得ないと考えたのでしょう。

 

ベジータの計算違いだったのは、

フリーザは、『界王拳という戦闘力を倍々にできる技』を上回る戦闘力コントロールができるという事だ。

 

蛇足ですが、ドラゴンボール超ではフリーザが筋トレしただけで強くなるのですが、冗談ではなく頷けます。

素の状態でこれほどのコントロールができるキャラはいません。

 

 

 

悟空を宇宙の塵にできるというマックスパワーの半分とは戦闘力いくつ?

 

フリーザの言うマックスパワーの半分とはいったい戦闘力がいくつかについて考察していきます。

 

 

悟空とフリーザの基本戦闘力は300万という事になりました。

前哨戦では互角で、お互いに『まだかなりの余力を残している』と評しています。

 

そしてこの後「マックスパワーの半分もあれば君を宇宙の塵にできる」と断言します。

 

しかし、20倍界王拳時のかめはめ波を受けて動揺を示します。

ワンポイント!界王拳の倍率にはかめはめ波の倍率はのらない
かめはめ波は戦闘力を3倍にする効果がありますが、
実は界王拳状態ではこの3倍は適用されません。もし適用されたとしたらベジータは4倍界王拳かめはめ波(計12倍で戦闘力6万とかになるので)になり、

リクームのイレイザーガンなみのパワーになるので消し炭になることになります。

 

この動揺について色々考えられますが、大事なのはこの時点でもフリーザはフルパワーは見せず、

あくまでマックスパワーの半分に拘ったこと。

20倍界王拳はフリーザのマックスパワーの半分と同じだけの力を持っていたと考えられます。

 

「てめぇもう一回やってみろコラァ!マックスパワーの半分で白黒つけてやらぁ!」てな具合だったんでしょう。

 

 

悟空の戦闘力300万を見ると界王拳20倍とは戦闘力6000万という事になります。

つまり、フリーザのマックスパワーの半分とは6000万と言い換えてもいいと思います。

 

 

ということは・・・・?

 

 

 

ドラゴンボールの戦闘力 フリーザの戦闘力のまとめ

 

ドラゴンボール大全の公式設定どおり、

フリーザのフルパワーは1億2千万。

悟空の方について、スーパーサイヤ人は基本戦闘力の50倍ということで、1億5千万。という考察になりました。

 

中々考察しがいのあるテーマでしたね。

 

それにしても、すごいのがフリーザ・・・。

悟空は界王拳という技やスーパーサイヤ人という変身技がありますが、

 

技ではなく、単なるコントロールで自分の戦闘力を40倍にできるのは驚嘆に値します。

自分を天才と自負するだけのことはあります。

 

 

おすすめの記事