ドラゴンボール エピソードオブバーダック

 

日本を代表するアニメ「ドラゴンボール」のスピンオフ。

 

『ドラゴンボール エピソード オブ バーダック』

 

このぺージそのあらすじネタバレ・感想・見どころを紹介します!

 

 

 

フリーザにたった一人で挑んだサイヤ人バーダック。

 

バーダックは死なず、過去に転生して、スーパーサイヤ人の伝説を作ります。

 

 

 

悟空の父親であること、フリーザに挑んだ最後のサイヤ人ということで人気のあるエピソード。

 

 

 

ちなみに脚本はドラゴンボールの映画シリーズでおなじみ『小川高生』の息子さんである『小川真』です。

 

映画『ドラゴンボール エピソード オブ バーダック』のあらすじネタバレ

フリーザの企みにただ一人気づいた孫悟空の父バーダックはフリーザの目前までたどり着く。

 

 

 

フリーザに真意を確認するも、『サイヤ人はただ利用されていたこと』を知り、激昂。

 

たった一人で戦いを挑みます。

 

 

 

しかし、フリーザの放った巨大なエネルギー弾に巻き込まれ、惑星ベジータもと共に消えていった。

 

 

 

ドラゴンボール エピソード オブ バーダック『起』

バーダックはベッドの上で目を覚ます。

 

景色や空の色から惑星ベジータに似ているが、どこか違う・・・。

 

 

 

そこで、イパナという医者とその子・ベリーに出会って治療を受け、

 

この星が惑星プラントであることを教えられます。

 

 

 

傷の治療薬はメディカルマシンの治療薬に似ており、

 

バーダックは自分が過去の時代に来たのだと察します。

 

 

 

そんな時、フリーザ一味が乗っているの船によく似た船が訪れ、村を襲っていた。

 

二人の宇宙人の先兵は惑星プラントを宇宙海賊チルドの支配下になったと宣言して暴れまわります。

 

 

 

そこに、バーダックは駆けつけ、2人を圧倒。

 

感謝する村人たちだが、バーダックは拒絶。

 

 

 

「お前らが生きようが死のうが俺には関係ねぇ」といって飛び去る。

 

 

 

しかし、ベリーだけはバーダックを慕って食べ物と薬を届けるようになる。

 

邪険に扱っていたバーダックだが、いくら突き放してもそばに寄ろうとしてくるベリーに次第に心を許すように距離を縮めるようになる。

 

 

 

ドラゴンボール エピソード オブ バーダック『承』

一方その頃、宇宙海賊チルドは二人の部下が戻ってこないことを知り、自ら惑星プラントに下りていく。

 

 

チルドは村人が使っている治療薬に興味を持ち、

 

そして「二名の悪人を探している宇宙警察だ」と嘘をついて部下を殺した者・バーダックの情報を知る。

 

 

 

本性を現して暴れまわるチルド一味。

 

そこにベリーから知らされたバーダックが駆けつけます。

 

 

 

そしてチルドの素顔を見ると、「フリーザ!!!」と叫びながら突進します。

 

しかし、一撃で戦闘不能に追い込まれます。

 

 

 

ドラゴンボール エピソード オブ バーダック『転』

チルドは「フリーザフリーザと失礼な、ぼくは宇宙海賊のチルド様だ」と自己紹介。

 

 

 

バーダックはチルドをフリーザの先祖だと察します。

 

 

 

そこでバーダックを助けようとしていたベリーが駆けつけてきますが、チルドの一撃を食らってしまいます。

 

 

 

「自分にもっと力があれば」と自らの無力に嘆くバーダック。

 

フリーザ一味のドドリアに殺された仲間の姿とベリーの姿を重ね、スーパーサイヤ人へと覚醒。

 

 

 

チルドの連続エネルギー弾も戦闘服が壊れるだけでノーダメージ。

 

 

驚愕するチルドは「何者なんだ!?」と尋ねると

 

 

バーダックは「俺はただのサイヤ人だ」と答えます。

 

 

 

ドラゴンボール エピソード オブ バーダック『結』

両手を掴まれて地面にベチンベチンと投げつけられ、横回転スタイリッシュエルボーアタック。

 

 

地面とキッス。

 

 

尻尾掴みグルグルぶん回し、

 

 

大事な角を掴まれて投げられてからの先回り蹴り飛ばし。

 

 

 

一方的にぶん殴られ続けたチルドはエネルギー弾対決を敢行しますが、それ以上のエネルギー弾を撃ち込まれ宇宙へと飛ばされた。

 

 

 

母船はチルドを保護して治療をするも、

 

チルドは「い、一族に伝えろ…金色に変化するサイヤ人には気をつけろ」と言い残し、死亡した。

 

 

ドラゴンボールの歴史で本作の時系列はいつ?

多分ドラゴンボールの話でこの話より以前の話はない・・・。

 

 

いや、1000年前っていうと、ヒルデガーンが生まれたあたりくらいでしょうか。

 

 

 

そう考えると意外と近く感じますね。いや、それはないか。

 

 

時系列と言うよりも、「ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦 フリーザに挑んだZ戦士孫悟空の父」の続編と考えたほうがいいですね。

 

バーダックの魂の叫びともいうべき壮絶な散りざま・・・。

 

戦闘力的に絶対に勝てず、また歴史的にも死が確定してる分、視聴してると胸が熱くなります。

 

 

この際の『ソリッドステートスカウター』というバーダックのテーマ曲みたいなBGMは心に訴えかけてくる何かがあります。

 

 

なので本作の続きで一緒に見るのがおすすめです。

 

 

 

敵の戦闘力は?非公式戦闘力!

今作のボスはチルドというフリーザの祖先。

 

 

 

変身はできないものの戦闘力は高いようで、

 

百戦錬磨のバーダックをたった一撃で倒しました。

 

 

 

さて肝心の戦闘力ですが、まず、バーダックは戦闘力1万あり、

 

スーパーサイヤ人化で50倍の倍率が適用されます。

 

 

 

つまりバーダックの戦闘力は50万で確定でしょう。

 

 

 

戦闘力50万というとフリーザ初期形体(53万)が近い。

 

チルドの見た目的にもフリーザ初期形態に似ていて丁度いいのでここから考察してみましょう。

 

 

 

フリーザ初期形体(53万)は仮眠後ベジータ(推定25万)と戦闘しており、

 

つかみ合いの際、ベジータは『ぐぬぬ』状態。フリーザもこの時は力を入れて対抗していました。

 

 

 

そのことを考慮してバーダックをフリーザ初期形体(53万)、チルドを仮眠後ベジータ(推定25万)と仮定して戦闘描写を見ると、

 

 

チルドは明らかに仮眠後ベジータ以下。

 

 

むしろ、戦闘描写的にはフリーザ初期形体(53万)対ネイル(4万3千)のほうが近い。

 

 

だが、チルド対バーダックのエネルギー弾の撃ち合いを見る限り、フリーザ対ネイルのような10倍以上の戦闘力差は絶対にないだろう。

 

 

 

以上のことから、チルドの戦闘力は20万が妥当と考えられます。

 

 

 

ドラゴンボール エピソード オブ バーダック 感想

バーダックを主人公にしたスピンオフ「たった一人の最終決戦」の続編と言うべき、エピソードオブバーダック。

 

 

 

スーパーサイヤ人の伝説はバーダックから始まった。ということ。

 

なかなか楽しませてもらいました。

 

 

 

設定的にも伝説のスーパーサイヤ人が孫悟空の父親だったというのは熱いものがありますよね。

 

 

 

さて、本作を見てふと思ったのが、

スーパーサイヤ人の伝説って2つあったんじゃないの?ということ。

 

 

 

つまりサイヤ人に伝わる『スーパーサイヤ人伝説』

フリーザ一族が持つ『髪の毛が金色に変化するサイヤ人の伝説』

 

 

 

現代においてそれが混同し、一つのスーパーサイヤ人伝説となった。

 

 

 

本作の設定を原作に持ってくると、

 

 

 

ベジータはスーパーサイヤ人という伝説は知っているものの、『髪の毛が金色になる』という変身を知りません。

 

スーパーサイヤ人がどういう存在なのかを全く知らないということです。

 

 

つまり、伝説のスーパーサイヤ人、というのはフリーザ一族から伝わった伝説ということになります。

 

 

 

そのため、スーパーサイヤ人伝説は2種類あってもいいような気がしてきます。

 

 

 

今のところサイヤ人由来のスーパーサイヤ人伝説でそれっぽいのが

 

新作映画『ブロリー』の大猿の力を人間形態で発揮した激昂状態(勝手に命名)が近いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

ドラゴンボール エピソード オブ バーダックのツッコミどころ

まず、『バーダックの服、なんで直ったの?』という点。

 

タイムスリップをすると服が治るのか。

 

どう見てもボロッボロに壊れていました。

 

 

 

ついでに言うと、バーダックは目が覚めた時に

 

「俺は惑星ベジータの爆発に巻き込まれて・・・」と言っているのですが、そうなると。

 

 

バーダックはフリーザの巨大エネルギー弾を惑星が破壊されるまで耐えきっていることになります。

 

 

描写では、フリーザのエネルギー弾に飲み込まれたところで終わっているように見えるので、

 

恐らくバーダックの「俺はフリーザにはやられていない」という願望が入ったのでしょう。

 

タイトル ドラゴンボール エピソード オブ バーダック
ジャンル アニメ、バトル
制作国 日本
上映時間 19分
上映日(先行) 2011年12月17、18日
監修 鳥山明
脚本 小山真

 

おすすめの記事