フランス映画_WASABI

U-NEXT無料お試しで視聴できます

31日間無料です

 

2001年のフランス映画「WASABI」。

 

 

 

 

リュック・ベッソンが脚本を務め、主演に広末涼子とジャン・レノということで話題だったアクションコメディサスペンス。

 

広末涼子の天真爛漫な演技とそれに振り回されるパパ然としたジャン・レノの演技が魅力的です。

 

 

 

 

なお、タイトルのWASABI(ワサビ)には多分さして意味はありません('ω')

 

ちゅぱちゅぱとジャン・レノが食べて気に入ってさらにお土産にするだけです。

 

 

 

 

それでは、ここから『WASABI』のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介していきます。

 

映画『WASABI』 のあらすじネタバレ

 

やさぐれた人生を歩むフランス刑事のユベール(ジャン・レノ)。

 

 

すべては19年前に別れた日本人女性、小林ミコが忘れられないからだ。

 

 

 

 

ある日、そんなユベールの元にその弁護士から連絡が来る。

 

 

小林ミコが遺言でユベールを立会人に指定したからだ。

 

 

 

 

ユベールは東京でその遺言状を聞き、自分がミコの遺産をすべて受け継ぐこと、そしてその条件に娘のユミを成人まで面倒を見ることだった。

 

 

 

 

『娘』というキーワードを聞いて目をうろたえるユベール。

 

 

初めて自分に娘がいたことを知らされたのだ。

 

 

 

 

娘は素直でかわいい立派なパリピDQNに仕上がっていた。

 

 

 

 

衝撃的な出会いを果たすことになるのだが、ユミが『刑事』と『父親嫌い』だと言ったため、

 

ユベールは自分の正体は母の友達だとして接することにする。

 

 

 

 

ユミとともにミコの火葬場に向かうユベールだが、ミコの遺体には不審な点があり、ユベールはミコに付着していた物質を調べる。

 

同時に、ユミの当面の生活資金を振り込むために銀行を訪れて、ユミの口座残高を調べるのだが・・・。

 

 

 

 

そこには億を超えるとんでもない金額が表示されていた。

 

 

 

 

ユベールが警戒しながら歩くと、ユミには怪しい黒服の男たちが付け狙っていることを察する。

 

 

さらに、ミコに付着していた物質は毒物であり、ミコは病死ではなく、殺されていたことを知る。

 

 

 

 

ユベールは黒服の男たちを隠れてボコボコにしながら、ミコの死の真相に迫り、ユミを守るために戦う。

 

 

 

 

WASABI(映画)の感想 リュック・ベッソンのセンスが光る良作映画

 

最初から最後まで面白かった良作。

 

 

広末涼子の我がままに振り回されるジャン・レノは必見。

 

 

娘がいると知った際のリアクションやせりふ回し、そして娘のわがままに戸惑いながらも叶えていく姿は

 

 

息の合ったコンビにも見えて実に愉快。

 

 

 

 

もちろん、広末涼子の演技も負けていない。

 

 

 

ころころと変わる表情、キャラが持っているであろう雰囲気、性格、振る舞い、トーンなどなどを自分のものにしている。

 

 

 

『鉄道員(ぽっぽや)』にて彼女は素晴らしい演技をしていたという記憶は印象に残っていた。

 

 

 

本作について、お涙頂戴の感動の対策というわけではないのだが、締めるところとはっちゃけるところのメリハリが良かった。

 

これだけで他の映画が見たくなるというものだ。

 

 

 

 

また、フランス語を流ちょうにしゃべっているところもいいですね。俳優としての努力が垣間見えて好感が持てます。

 

 

 

 

総括すると、エンターテイメント色が前面に押し出ていて、楽しい映画といえます。

 

u-nextでは★3.5の評価ですが、個人的にはもう少し星を挙げてもいいところです。

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

 

フランス映画_WASABI

 

 

タイトル WASABI
ジャンル アクション、コメディ、サスペンス
制作国 フランス
上映時間 93分
日本公開 2014年8月29日
監督 ジェラール・クラヴジック
脚本 リュック・ベッソン

 

おすすめの記事