サカサマのパテマ ネタバレ感想 | 地底から女の子降ってくる?サカサマを楽しむ映画

2013年の日本アニメ映画『サカサマのパテマ』。

 

人や建物が空に落ちるという重力が逆転したサカサマな世界を舞台にした物語。

なぜこんな世界になったのか。なぜ空に落ちるヒロインが狙われるのかなど世界観独特なスリルとサスペンスが魅力的な映画です。

 

 

ここからは「サカサマのパテマ 」のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介していきます。

なお、U-NEXTの無料見放題対象の映画ですので体験期間中ですぐに見ることが出来ます。

 

無料視聴に興味がある方はぜひこちらの記事を読んでみてください

\サカサマのパテマ は無料見放題対象の作品になります。/

\U-NEXTの無料トライアルですぐに見ることが出来ます。/

>>U-NEXTで「サカサマのパテマ 」を見る<<

u-next_小型サムネ

ここがポイント
31日間の体験期間で600円分のポイントがもらえるのでポイントが必要な映画は無料で見ることができます♪
試してみて「使わないかな?」って思ったら登録から31日以内なら月額料金は発生しません。極端な話。プレゼントされた600ポイントだけを使って退会してもOKなのだ!

 

工場施設のような場所で生きる少女パテマは本当の世界という場所に憧れていた。

ある日、パテマはその本当の世界を教えてくれたラゴスという行方不明の友人の探索中、コウモリ人間というサカサマの人間に襲われ、地下に落下してしまう。

しかし落ちた先にいたのは地下世界「アイガ」でサカサマに生きている少年エイジだった。

 

アイガという世界は、大地があり、パテマにとって空という底なしの地面にへばりついているような世界だった。

 

アイガでは空は見上げてはならない畏怖の対象だと信じられていた。

エイジはパテマと話をしている最中に治安警察がこちらに向かっていることを察し、

治安警察の姿を見てパテマは『コウモリ人間』だと叫ぶ。

 

 

彼らはサカサマ人間根絶を目的にしている政府で、パテマを捕まえに来たのだ。

エイジはパテマを連れて逃げるのだが、捕まってしまう。

 

 

エイジは厳重注意および絶対的指導者であるイザムラから『すべて忘れろ。父と同じく事故死したくないだろう?』と脅され、

パテマはイザムラから『サカサマで生きる人間(パテマたち)は空へ連れ去られた罪深き人々の末裔』と聞かされさらに、アイガにやって来たサカサマ人間(ラゴス)の末路を見せつけられる。

 

 

エイジはパテマと出会ったフェンスで落ち込んでいるとパテマを探しに来たポルタが現れ、

エイジとポルタはパテマ救出で協力し合ってパテマの救出に向かう。

 

 

そしてポルタと協力し合ったエイジはパテマを見つけるのだが、イザムラに追い詰められてしまい、

エイジとパテマは空へと落下する。

 

 

しかし空には巨大で広大な建造物があり、さらにエイジの父が作った空へ浮かぶ装置までもがあった。

装置に残された日記に目を通すと、2つの世界で生きた二人の男の話がそこに記されていた。

 

パテマたちはこれを伝えるために、元の場所に戻るのだが、イザムラは再びパテマたちに襲い掛かる・・・。

 

サカサマのパテマ なぜサカサマになった?

 

かつて、重力からエネルギーを取り出すという実験があり、その結果、実験の地域の重力が反転して空に落ちていきました。

地域に効果が及ぶもので生物であればその子孫まで重力が真逆となるようです。

 

同じ過ちを繰り返さない、つまり文明の進歩の管理するためにアイガが作られました。

 

 

サカサマのパテマ 最後の場所の仕組みは?

 

完全にネタバレになりますが、サカサマだったのはアイガ人の方だったというオチ。

最後のあの場所は地球の地上です。

パテマたちがあそこにいた理由については作中を確認しましょう。どんでん返しと呼ぶにふさわしい盛り上がりポイントです。

 

サカサマのパテマ まとめ表

タイトル サカサマのパテマ
ジャンル 冒険ファンタジー
制作国 日本
上映時間 98分
日本公開 2013年11月9日
監督 吉浦康裕
脚本・原作 吉浦康裕
メインキャスト パテマ(声優:藤井ゆきよ)

エイジ(声優:岡本信彦)

ポルタ(声優:大畑伸太郎)

ジィ(声優:ふくまつ進紗)

ラゴス(声優:加藤将之)

ジャク(声優:安元洋貴)

カホ(声優:内田真礼)

イザムラ(声優:土師孝也)

 

サカサマのパテマ 感想 着眼点や考察しがいがあって面白い

 

サカサマという世界観を存分に楽しませてもらいました。

映像的にもファンタジー感があり空に落ちるという魅力的なスリルが大変心地よい。

 

シナリオも王道の大どんでん返しでいい着地点だったと思う。

 

ボスキャラであるイザムラ氏が絶対君主然とした考えなのに頭のネジが緩んだ小者感を漂わせていたが、イザムラ氏が真実を知っていたらもっとドロドロするシナリオになっていたと思うからあれくらいでちょうどいいバランスが取れていたと思う。

 

そして本作の世界観やこの世界の歴史について考察しがいがあったので個人的には大満足の作品でした。

 

さて、ここから先はイザムラ氏にツッコミを入れつつ、なぜ真実を誰も知らないのかについて歴史を考察したいと思う。

 

 

サカサマのパテマ イザムラ氏にツッコミ 「気づけよ。自分たちの世界に」

 

どんでん返しで判明した真実。

しかし、なぜイザムラ氏のような聡明な男が気づかなかったのか。

 

彼ならば余裕で真実に到達していたはずだったのだ。

 

アイガ国が秩序のある理知的な国家なのになぜ真実にたどり着けなかった?

 

アイガは秩序を是としており、サカサマ人のことを罪人だと断じていました。

 

となると、歴史の真実がどうあれであれ、歴史は管理されて記録されているのがわかる。

そしてその歴史を調べていけば、『自分たちは実験によってサカサマになった』という記述の一つくらいはあるはずである。

 

個人的見解だが、おそらく、自分たちのルーツに関連する記述が消されていたのだと思う。そこについては後述します。

 

しかし、地理調査をすれば把握している地理情報の辻褄が合わないことがわかるはずだから自分たちの知ってる歴史がおかしいことに気づくはずです。

 

そしてイザムラのようなタイプの指導者なら容易にその真実にたどり着くと思うのだが・・・。

 

というか、アイガの歴代指導者は真実を知っていていて、真実を隠すために汚いことをしていたというほうがまだ説得力がありました。

 

 

 

パテマ側にも真実が伝わっていないのはおかしい?

 

パテマ側にも歴史的事実が伝わっていないというのも妙な話だ。

伝わっているのは、地下で生きる者たちを見守るためというものくらい。

 

そして、ラストに地下で生きる者とはアイガ人で、見守っていたのはパテマ側であることが分かりました。

 

なぜ科学者たちはその被災者を見守るだけにしたのか。

なぜ被災者救済のために研究を続けなかったのか。

 

視聴している感じだと、見守るというよりも進入禁止区画まで作っているので見ないようにしていたとしか見えず、何がしたいのかよく見えない。

 

その様は逃げ隠れして生きていたとも見える。

 

ジイ曰く「昔はアイガ人と交流があった」と言っているので、

おそらく、ある年を境にアイガ側から糾弾されたのだろう。

 

ここからはさらに考察をしていきたいと思う。

 

 

サカサマのパテマ 考察「なぜ歴史が正しく伝わらなかった?」

 

ジイは「昔はアイガ側と交流があった」と語っており、アイガ側はなぜパテマたちを発見できなかったのか疑問が残る。

あれだけ理知的な統治をしていたのなら記録くらいは残っているはずだ。しかし、アイガの指導者であるイザムラは知らず、ジイだけが口伝として知っていた。

 

考えられる理由としては、当時のアイガとパテマ側の長で歴史を作ったというのが考えられる。

 

アイガ人の国民感情として「完全な被害者である自分たちは科学者たちを許すことが出来なかった」のだ。

科学者たちへの憎悪の声は日に日に増していき、もはや共存は不可能。

 

そこでアイガ人の指導者と科学者たちはこう考えた。

アイガの指導者と科学者が考えた構図の考え
「アイガ人こそが正しい人類で、科学者たちは加害者で罪人」とすること。

アイガ人の指導者は『罪人は空に再び落ちていった』ということにし、さらに『正しく生きることが是である。でなければ空に落ちる』と国民を教育する。

 

そうしてアイガ国は『空』を禁忌とし、禁忌で戒め、感情を抑制した国家を築いたのだ。

科学者たちはせめてもの罪滅ぼしとして科学を捨て、交流があったという事すら仲間内で口にしないようにし、真実を知るのは長のみとした。

 

これならばイザムラがパテマたちを発見できなかったことや、パテマたちも、真実を知らなかったことにも説明がつきます。

 

こういう考察が出来る本作はなかなか見ごたえがありますね。

 

 

映画『サカサマのパテマ 』動画配信サービス一覧

 

『サカサマのパテマ 』の動画配信サービスは以下のようになっています。

 

動画配信サービス 配信状況(※2021年4月時点)
U-NEXT 見放題
Hulu ×
Amazonプライムビデオ レンタル
dTV ×
NETFLIX 見放題
FODプレミアム ×
TSUTAYA DISCAS/TV ×

2021年4月現在で見放題はU-NEXTとNetflix。レンタルについてはアマプラ以外にもyoutubeやgoogleplayでも扱っていました。

 

この中ではU-NEXTの無料トライアルで見てしまうのをおすすめします。

U-NEXTは配信本数や見放題作品数は業界No.1です。

 

30日間の無料トライアル期間があり、トライアル申し込み完了時点で600ptが貰えます。

 

この600ptで新作の映画をみたり、雑誌やドラマを見たりと自由に使う事が出来ます。

 

 

業界No1の配信数。見放題対象作品の多さ、無料でもらえるポイントなどを考えると

断然U-NEXTをお勧めします。

 

サカサマのパテマ を無料で見るならU-NEXTをお勧めする。

 

U-NEXTは業界最大手の動画配信サービスですが、動画配信だけではなく、漫画・雑誌・小説や成人向けのコンテンツなども取り扱っています。

 

U-NEXT_表紙

\サカサマのパテマ は無料見放題対象の作品になります。/

\U-NEXTの無料トライアルですぐに見ることが出来ます。/

>>U-NEXTで「サカサマのパテマ 」を見る<<

 

U-NEXTの特徴を列挙
  • 月額1,990円(税抜)だがそのうち1200円はポイントなので実質790円(税抜)
  • 31日間の解約自由のトライアル期間あり
  • トライアル期間でも600pt(1円=1pt)もらえる。
  • 毎月月初に1200ポイントがはいる。
  • ポイントは映画やドラマなどの映像作品だけでなく電子書籍にも使える
  • 1200円以上電子書籍で使った場合以降は40%がポイントバック
  • 70誌以上の雑誌が読み放題
  • 映画やドラマなどの動画が見放題(見放題作品18万~20万タイトル)

 

一見すると確かに高い月額料金かもしれませんが、そのうち1200円はポイントとしてもらえているので実際のところ税込みでも1000円も行きません。

 

仮に1000円として扱ったとすると大体他の動画配信サービスと利用料は同じです。

 

 

となると、決め手となるのは、オリジナル作品、見放題作品、電子書籍・雑誌類の3本になります。

 

僕がU-NEXTを利用する決め手となったのは見放題作品数の多さです。

 

 

この見放題作品本数について、U-NEXTは圧倒的で、常に20万本前後が見放題作品になっています。

 

 

見放題作品について、公開していない他社サービスもあり、公開していても4万本程度・・・。

 

U-NEXTが全てをカバーしているわけではありませんが、見たいと思った作品が大体あるのがU-NEXTです。

 

ポイント
他の動画配信サービスも優れているところはありますが、20万本と4万本では網羅性が全然違います。
「え?この作品結構有名なはずだけど、これ無いの!?」っていうのがU-NEXTではあまりありません。

 

U-NEXTのトライアル登録と解約までの簡単4STEP

 

STEP 1
●U-NEXTトライアル登録
⇒こちらから公式サイト
※31日間は無料のトライアル
STEP 2
●U-NEXTで見たい映画を検索して視聴開始
STEP 3
●続行?それとも解約?31日までに決めよう!
STEP 4
解約の場合はメニュー[設定・サポート]>[契約内容の確認・解約]から簡単にお手続き♪
※31日間の無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

オンリー・ザ・ブレイブ_サムネ

タワーリング・インフェルノ_サムネ

 

おすすめの記事