日本映画_十二人の死にたい子どもたち

 

2019年1月25日に全国公開された映画「十二人の死にたい子どもたち」。

 

冲方丁のミステリー小説を原作にした実写映画。

 

タイトルは衝撃的ですが、生きる決意を感じさせる映画です!

 

 

このぺージでは『十二人の死にたい子どもたち』のあらすじネタバレ・感想を紹介します!

日本映画『十二人の死にたい子どもたち』のあらすじネタバレ

物語は安楽死を求めて廃病院やってきた12人の未成年たち。

 

次々と未成年者たちは集まっていくものの、彼らはそこでまだ、『さっきまで生きていた』であろう死体に遭遇してしまう。

 

 

 

先に集まっていた者たちは、先に『選択した者』と考えていたのだが・・・。

 

最後にやってきた13人目の『発起人』の登場により、

 

『自分たちの中に殺人鬼がいるかもしれない』という結論に至る・・・。

 

 

 

彼らは疑心暗鬼になる中、死体の謎と犯人を探す。

 

そして彼らがなぜ安楽死を求めているのかが明らかになる・・・。

 

 

 

十二人の死にたい子どもたち『起』

自殺志願者のサイトを通して集められた十二人の子どもたち。

 

 

1人、また1人と集結し、最終目的地である地下室に行くと、そこにはさっきまで生きていたであろう人間の死体があった。

 

『先に安楽死をした』のだろうということで決着がついたものの、

 

最後にサイト運営者であり、管理人であり、発起人でもあるサトシが現れる。

 

終結した、同じ決意を抱く11人(サトシを入れて12人)に対し、『自殺についてのルール』を改めて話していると、

 

先に死んでいたものは13番目で、しかも、招かれざる者だったことが判明する。

 

なぜ一人多いのか。

 

特定の人間、つまり12人しか知らないはずなのに。

 

なぜ既に死んでいるのか。

 

なぜ自殺に見せかけて殺されているのか。

 

そして、この謎が解けなければ、

 

彼らは『それぞれの思惑』のために死ぬことはできなかった・・・。

 

 

十二人の死にたい子どもたち『承』

集った12人は先に死んでいるものを『ゼロバン』と呼称し、現場検証を行う。

 

まず他殺である、ということを断定したのは、薬や医療に詳しいシンジロウだった。

 

 

 

そして12人はそれぞれが見た不自然な状況を話し、タカヒロ(吃音のしゃべり方をする男)は、

 

ゼロバンを殺したのがノブオ(和製ハリーポッターのような見た目)であることを突き止める。

 

 

 

あっさりと白状したノブオだが、ノブオは1人になったときに、

 

何者か突き落とされ、行方をくらませてしまう。

 

 

 

しかし、そうとは知らない残りの11人。

 

11人はノブオを待つものの、真相を聞かない限りは判断も実行のケツも取れない。

 

改めて状況を整理すると、不自然な状況が浮かび上がってくる。

 

 

 

リョウコ(橋本環奈)やケンイチ(空気が読めないためにいじめられたいじめられっ子)が聞いた『人が倒れた様な音』だった。

 

そして、リョウコの死にたい理由(作られた自分を殺すため)が語られたとき、

 

ミツエ(ゴスロリ)がリョウコが『有名人』であることを理由に反対の意を表明し始める。

 

 

 

さらに、アンリ(全身黒ずくめで知性の高い女)がリョウコのような有名人が死を選ぶことを『助かる』と評する。

 

アンリは死の選択について『世間に訴える』ことが目的だったのだ。

 

こうしてふとしたきっかけで参加者は『それぞれの死ぬ理由』を語っていく。

 

 

 

例えばサトシ。

 

冷静沈着で、この集いの発起人。

 

しかし、身内の無理心中や父親の自殺を切っ掛けに死とは何か

 

死に魅入られてしまった。

 

ユキは事故による後遺症による苦悩。

 

それぞれが慰め合うような妙な空気になったときに、とある人物が地下室の集いの場に現れたのだ。

 

 

 

十二人の死にたい子どもたち『転』

現れたのはノブオだった。

 

ノブオは自分を突き落としたメイコ(ファザコンで父親の中に自分という存在をめり込ませるために自分で自分に保険金をかけ、父親に恩を着せて死ぬのが目的)だった。

 

ノブオは自分が死ぬ理由は『明確な殺意を持って殺人をした』ことによる苦悩だった。

 

この殺人は事故として処理されたものの、ノブオは自分を許せなくなったのだ。

 

メイコが自分を突き落としたこと(ノブオが人を殺した手段と同じ)で、

 

ノブオは覚悟を決め、改めてこの集いに参加することができるようになったという。

 

 

 

しかし、ゼロバンを殺したのは結局ノブオではなかった。

 

そして、ノブオについていたという協力者の存在が、

 

シンジロウの推理によって、ゼロバンの共に語られます。

 

 

十二人の死にたい子どもたち『結』

ノブオはアンリの協力者だった。

 

だが、全てを知っていたわけではない。

 

 

話はノブオとアンリがやってきたころにさかのぼる。

 

二人は廃病院の屋上で出会い、屋上から、車いすに座った人間車いすを押す人間を見つける。

 

二人は1階に下りて車いすをに座った人間(ゼロバン)を見つけるものの、その人間は既に死んでいた。

 

おまけに車いすを押していた人間は何処にもいなかった。

 

 

 

このままでは『純粋な自殺』のためのこの集いが中止に見舞われるかもしれない・・・。

 

ノブオとアンリは車いすを押していた人間を捜しに行くのだが、見つからず。

 

二人は死体を隠そうとするのだが、メンバーがどんどん到着し始めてしまう。

 

 

 

苦肉の策として、2人は『既に安楽死をしてしまったメンバー』としてゼロバンを偽装するものの、

 

なぜか13人目(メイコ)が来てしまい、混乱。

 

 

 

証言が食い違うことの説明はついたものの、結局ゼロバンの死の理由は分からなかった。

 

しかし、ゼロバンは微弱な呼吸をしつつも、生きていることが発覚。

 

ということは何も問題はないのだが・・・。

 

この状態でゼロバンを放置すると本当に死んでしまうかもしれない。

 

それはこの集いのルールから反していた。

 

 

 

そこで、ゼロバンを連れてきた人間が告白します。

 

 

 

全てを聞いたメンバーたち。

 

シンジロウはこの集いの、最後の決を採ることを提案します。

 

 

 

映画『十二人の死にたい子どもたち』の感想

結構面白かったです。

 

 

本作最大の知性キャラであるアンリの持論がちょっと台無しにした感があるのですが、

 

それもうまく利用して、大団円を迎えました。

 

 

映画『十二人の死にたい子どもたち』の見所

ここに本作の見所を紹介していきます。

 

ちなみに、推理要素に対しては特にノーコメントです。

 

面白いとは思いますが、『まぁまぁうまくまとめたなー』くらいの印象です。

 

見どころその1 シンジロウの生きるという決意に満ちた台詞

特に、見どころは最後のシンジロウの言葉。

 

この中でジンジロウだけは『タイムリミット』的なものがあったのですが、

 

シンジロウは全員の死ぬ理由を聞いて、『好きで死にたいわけではない』ことを知り、

 

精いっぱい生きたいと誓います。

 

ここはグッときましたね。

 

 

見どころその2 サトシとアンリの最後の会話

最後の最後でサトシとアンリが中々面白い会話をして物語を〆てくれるのも見ものです。

 

サトシのある行動でアンリは『この集いは何度か開催されている』ことを見抜き、

 

次回、『自分も参加する』と明言します。

 

無論、それは『死ぬため』ではなく『生きるため』にです。

 

 

作中でアンリは他のメンバーには無いほど強く、『死への決意』を持っていました。

 

しかし、シンジロウに説得されるような形で生きることを、生き続けることを選びます。

 

『死への決意』は『強く生きることへの決意』へと変わったのです。

 

 

 

この物語の決着としてこれほど相応しい終わり方はないでしょう。

 

今後もアンリは『生きることの大切さ』を説いて自殺者を減らしていくのだろうと思わせてくれます。

 

 

 

見どころその3 キャストの演技がなかなかいい。特に印象に残る光る演技をしたのは3人!

日本の映画ってあんまり好きじゃないんですが

 

それぞれのキャラクターの演技力が光っていました。

 

特に光っていると思ったのが、

 

 

 

シンジロウ役の新田真剣佑

 

アンリ約の杉咲花

 

ノブオ役の北村匠海

 

 

この三人です。時点で橋本環奈やメイコ役の黒島結菜も良かったですが、

 

見ていて引き込まれる演技をしていたのは先ほど挙げた3人ですね。

 

 

主演級の役割だったのもあるかと思いますが、別の作品でも演技を見たいと思わせてくれる仕上がりでした。

 

 

 

本記事の最後になりますが、

 

このタイトルはかなり衝撃がありますが、決して残酷なものではありません。

 

命や生きる意味、命の価値などを、ミステリー要素を入れながら、考えさせてくれます。

 

最後のエンディングテーマも、なんだか生きる希望に満ちたもので、心地よい視聴感を得ることができました。

 

一見の価値はある映画ですので、皆さんもぜひ見てみてください♪

 

 

タイトル 十二人の死にたい子どもたち
ジャンル ミステリー
制作国 日本
上映時間 118分
日本公開日 2019年1月25日
監督 堤幸彦
脚本 倉持裕

 

おすすめの記事