日本映画_シン・ゴジラ

 

2016年の日本映画「シン・ゴジラ」。

 

 

 

 

エヴァの生みの親である庵野氏が手掛けたゴジラ作品。

 

 

 

ハリウッド映画とは違い、国家一丸となって怪獣と闘う映画になります。

 

 

 

 

見どころは、日本政府の縦割り組織が織りなす対処の遅さやゴジラの形態変化し続けて無双状態になる絶望描写

 

 

また、各国の政治的な動きもポイントです。

 

 

新たなゴジラ史に刻むべき作品だと思います。

 

 

それでは、ここから『シン・ゴジラ』のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介していきます。

 

映画『シン・ゴジラ(映画)』 のあらすじネタバレ

 

東京湾内で無人のボートが見つかり続いて千葉と東京を結ぶ海底トンネルのアクアラインで亀裂事故が発生した。

 

 

 

トンネルの直上、つまり海面は水蒸気が噴き出しているものの、地質学的に火山など存在しない。

 

 

 

だが、その正体はすぐに分かった。

 

 

 

 

ゴジラと後に呼称される巨大生物だった。

 

 

 

巨大生物は多摩川を北上し、市街地を蹂躙。

 

 

 

その後、あり得ぬ速度で進化を始めるものの、突如として方向転換し、相模湾に姿をくらます。

 

 

 

 

すさまじい経済損失を被りながらも復興を開始。

 

 

同時にゴジラの駆除、捕獲の両方の面で作戦を推し進める。

 

 

 

 

そしてゴジラの後に残された体液、ゴジラの存在を予見していた科学者の残した情報。

 

 

 

生物行動学、遺伝子学の観点から、

 

 

 

ゴジラは放射性物質を食料にし、核の力で動いていたことが発覚。

 

 

 

 

ゴジラの生物としての脅威性はわかったものの、同時にこの核の力を止めることさえできれば対処が可能だということも判明。

 

 

 

そして再びゴジラは現れた。

 

 

 

日本VSゴジラの戦いが始まる・・・。

 

 

 

 

シン・ゴジラ(映画)の感想 個が怪物を倒すのではなく、国が怪物を止める

 

現代日本で巨大怪獣が出現したら?という前提で作られていて、まさしく現代版ゴジラといえるような作品。

 

 

 

 

個人的にはシナリオや展開は面白いと思うけど、ゴジラを止める手段がちょっと微妙。

 

 

 

いや、無人在来線爆弾とかビルを破壊して叩きつけるとかそういう攻撃手段はすごく面白かった。

 

 

 

これがアメリカ流だったら切り札の核兵器投入まで爆撃し続けるだけだったと思うし。

 

 

 

だけど、肝心かなめの血液凝固剤を経口投与させるというのはさすがに無理がある。

 

 

 

ここに関しては、パイルバンカーを打ち込んで点滴直接流し込むとかでもよかったんじゃないかな・・・。

 

 

 

 

それ以外は意外と好きだった。

 

 

 

 

政府の命令系統、責任分界点などによる対応速度遅さは多分、日本ならではだし、

 

 

むしろこういう日本の自虐的ともいえる描写を入れるのは日本らしくて好きだった。

 

 

 

 

海外の評価が気になって調べてみたところ、やはり上記の感想の通り一定の評価は得ているようでうれしかったのだが、

 

 

ヒロイン?のカヨコにちょっと難があるようだった。

 

 

日系三世のカヨコなのだが、あまりアメリカ人らしい振る舞いではないらしく、

 

 

アメリカの高官ともいえないらしい。

 

 

いうなれば、『存在自体が意味不明』でいない方がむしろ良い。ということ。

 

 

 

 

言われてみれば、別にカヨコじゃなくても良かったとは思う。

 

 

 

多分、恋愛要素を残そうとした名残もしくは、女性がほとんど登場しないから、ヒロイン枠として入れていただけだったんだろう。

 

 

 

 

それから、続編があるならぜひもう一度庵野氏にやってほしいと思う。

 

 

 

なにせしっぽに人間とゴジラのハーフみたいなものがくっついてますからね。

 

 

続編の可能性があるならぜひエヴァを終わらせた後にその腕をふるってほしい。

 

 

 

 

 

総括すると、この映画はアメリカのように、ヒーローが怪獣を倒すような作品ではなく、

 

 

あくまで国家が、知恵を絞ってゴジラを止めるというのを楽しむ作品です。

 

 

 

 

アメリカのような爽快で英雄じみたものではなく、ある意味では地味に終わりますが、

 

 

多分こういう地味なものも今の日本の形であり、魅力だと思います。

 

 

 

 

U-Next簡単登録はこちら

\31日間お試し無料/

 

日本映画_シン・ゴジラ

 

 

タイトル シン・ゴジラ
ジャンル 怪獣
制作国 アメリカ
上映時間 119分
日本公開 2016年7月29日
監督 庵野秀明
脚本 庵野秀明

 

おすすめの記事