韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』 ネタバレ感想 好き嫌いせずに見てみ?感動、恐怖、嫌悪とバランスの取れたゾンビ映画だから。

huluなら続編の『新感染半島 ファイナル・ステージ』も無料お試しで視聴できます/

/無料お試し期間は14日間です

 

2017年の韓国映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」。

 

韓国の大沢たかおと言われるコン・ユを筆頭に、2020年現在では人気俳優のマ・ドンソクとチョン・ユミ。

さらに天才子役と名高いキム・スアン。

 

完璧な俳優陣の映画です。

 

俳優たちの魅力的な演技だけでなく、シナリオも演出もとにかく完成度が高い。

特にラストの主人公の散りざまは美しくすらあり、エンディングの不穏当さがまた素晴らしい。

ゾンビ映画ファンも納得のいく作品です。

 

それでは、ここから『新感染 ファイナル・エクスプレス』のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介していきます。

 

韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』 のあらすじネタバレ

主人公のソグはファンドマネージャーをしている仕事一筋の人間だ。

それゆえに彼は家族の抱えている問題に気づけていなかった。

娘の誕生日は覚えていても、娘が何を持っているのか、何が欲しいのかを知らない。

だから、彼の家庭は壊滅しかけていた。

 

娘のスアンの誕生日、彼は誕生日プレゼントに失敗し、スアンから「プサンにいるお母さんに会いたい」とお願いされる。

スアンは賢く、優しく、そして年相応に愛情に飢えていた。

父を困らせたくない、けれども母親に会いたい。

ソグはスアンの希望を叶え、一緒にプサン行きの新幹線に乗るのだが、そこにはとんでもない危険が待っていた。

 

新幹線の座席で眠りこけるソグ。

だが、スアンは出発時の駅のホームで何者かが襲われるのを見てしまう。

 

同じころ、新幹線が出発する瞬間。妙にフラフラしている乗客が乗ってきていた。

そして悲劇が始まる・・・。

 

主要登場人物を紹介したい。名演技が多い

ソグやスタンだけでなく、魅力的な登場人物が非常に多い。

ユン・サンファ(人気俳優のマ・ドンソク)と妊婦のソンギョン。

 

少し粗暴だが話の分かる男気のある男で妻のソンギョンには頭があがらない。

だがこの二人の愛をものすごく強く感じるエピソードがあるし、主人公ソグとサンファのコンビも泣けてくるほどいいんだ。

 

高校生球児のヨングク、その恋人のジニ、さらに、バス会社のお偉いさんのヨンソクの絡みも胸糞悪いほどいい。

多分ヨンソクについて、嫌悪を抱かない視聴者はいないだろう。

 

そして年老いた姉妹のインギルとジョンギルだ。

人のいい姉に対し、妹はそれを窘める。『なぜ他人を優先するのか?』と。

 

だが、そんな聖人のような生き方をしていた姉に対して、周囲の人の醜さに妹は絶望するのだ。

 

このシーンは賛否があるだろうが、ものすごく共感できた。

登場人物の人間ドラマはものすごくよくできてるのでぜひ見てほしい。

 

新感染 ファイナル・エクスプレスの見どころ感想 感動のゾンビ映画

韓国映画はまだ数本しか見てないのだが、韓国は映画大国といってもいいだろう。

 

予想以上にこの『新感染』は面白かった映画だ。

最初こそ『新幹線』と『新感染』をかけた洒落のタイトルでB級映画として楽しめればいいだろう程度に見ていたのだがいい意味で裏切られました。

 

異様なほどテンポのいい展開。さながら快速急行みたいな速さで物語が進むのだが、

強引な進行では決してない。

 

常にパニックホラー映画であることを意識して作られていて没入感が高い。

しかも新幹線のごとく、ゾンビの動きが超素早い。

 

異様な動きをしたと思ったらめちゃくちゃ機敏に跳ねる、走る、追いかける。

 

しかも全力疾走だ。

 

見てる側としては「なんでゾンビこんな早いねんw」と笑ってしまうようだが、

思った以上にビックリする動きで夢中になれる。

 

さて、物語の舞台装置である新幹線を舞台にしたというところも大きなポイントだ。

車輛内という設定が良く光っており、ゾンビとの攻防とセーフゾーンのメリハリや狭い車輛内でどんなことが出来るのか?というアイデアがあふれている。

 

また人間ドラマも優れている。

愛する者のために前に進むこと。

あるいは自己保身に走る者。

自己犠牲であっても苦しむ人を助けようとする者。などなど。

様々な想いがバトンのように引き継がれていきます。

 

良質な人間ドラマでさすがスティーヴン・キングも絶賛しただけあります。

 

 

タイトル 新感染 ファイナル・エクスプレス
ジャンル ゾンビ、パニックホラー
制作国 韓国
上映時間 118分
日本公開日 2017年9月1日
監督 ヨン・サンホ
脚本 パク・ジュスク
ジョースーク・パーク

 

おすすめの記事