U-NEXTの利用を考えてるけど、メリットとデメリットだけでなく気づきが聞きたいニャ

電子書籍サイトとしても評価されるようにになってきたU-NEXT。

 

U-NEXTの月額利用料は2,189円(税込)と高いのだが、それだけで利用しないとするのは早計。

 

実際管理人こと僕は、相当傾いておりU-NEXTを電子書籍サイトとして使う事を考えています。

 

というか、使います。

 

そこで僕の目線から見た、『電子書籍サイトはU-NEXTでもいい』と考えた理由を、3つの観点からお伝えしようと思います。

 

登録2分解約1分気軽に利用♪

>>U-NEXTのトライアルはこちら<<

※31日間以内に解約で完全無料です

Contents

 U-NEXTの電子書籍サイトとしての特徴

U-NEXT_漫画案内

 

そもそもU-NEXTはVODサービスサイトとして立ち上がり、サービス開始から8年ほどで電子書籍サービスを展開し始めました。

 

 

しかし0から始めたのではなく、株式会社東芝が運営していた「Book Place」という電子書籍ストアの事業を受け継いでスタートしたものです。

 

 

それから6年。2021年現在、U-NEXTの電子書籍数は57万冊を超えており、大手の電子書籍サイトとそん色ない規模になっています。

 

 U-NEXTの電子書籍サービス概要

  • 月額利用料金:2,189円(税込)
  • 無料トライアル時ポイント(初回ひと月目のみ):600ポイント(1ポイント=1円)
  • 月額コース契約時ポイント:1200ポイント
  • 読み放題雑誌数:80誌
  • 取り扱い電子書籍数(漫画、書籍、小説、専門書):570000冊
  • 利用端末:[パソコン、スマホ、タブレット]

 

利用端末について
U-NEXTはパソコン、スマホ、タブレットで利用できますが、
ダウンロードすることができるのはスマホとタブレットのみになります。

 

U-NEXTの利用料金は高いか?『価格』の観点で考察する

 

U-NEXTを利用するには無料トライアルを経て月額コースを契約します。

 

月額利用料金は2,189円でこれだけ見るとかなり高いと言えます。

 

しかしこの料金について「高い」と考えてメインサイトとして使わないと決めるのはもったいないと言えます。

 

むしろ、電子書籍をメインに考えるのならお得とすら言えます。

 

 

U-NEXTは高いが、安いとも言える

 

U-NEXTは月額コース契約をすると1200ポイントが貰えます。

 

これは月額コース契約料金に入っているもので、月初日に自動的にもらえます。

 

 

こうなると実質1200円もらえることになります。

 

電子書籍サービスを本格的に使うという事は漫画を購入するという事になり、

 

そう考えるとU-NEXTは2,189円-1200円で989円で毎月利用しているという事になります。

 

 

989円で動画作品を21万タイトルも楽しめるというのは美味し過ぎる特典と考えてもいいでしょう。

 

 

1200円のポイントを使った後がお得になる『ポイントバックプログラム』

 

僕を最も唸らせたサービスが『ポイントバックプログラム』です。

 

これを簡単に説明すると。

 

1200ポイントを使ったU-NEXT内での買い物が40%オフになるというもの。

 

例えば僕は今『新装版 BLAME』という漫画を買おうと考えています。

 

これは1冊990円で6巻まであり、合計5940円のお買い物になります。

 

 

 

ここでポイントバックプログラムを利用して買うといくらになるのか。

 

5940円にポイントバックプログラムのトリガーである1200円を引くと4740円。

 

4740円の40%は1896円ですので、およそ2冊がただで手に入っていることになります。

ポイントバックプログラムを使った計算式例

この計算の計算式は以下になります。

((990×6)-1200))×0.6+1200=4044

出費としては4044円です。

 

4044円ではこの漫画は4巻までしか買えません。

これは990円の書籍が674円で買えるという事になります。

 

他の電子書籍サービスもお得なのではないか?

 

次は他の電子書籍サービスのことを書きますが、

 

確かに他の電子書籍サービスもクーポンを発行したり、来店ボーナス制度を入れたりしていてお得な面はあります。

 

しかし、入会後2か月50%オフやTポイントあるいは特定のクレジットカードと連携してポイントが溜まりやすいくらいです。

 

 

検討の余地があったのが楽天koboでこれにはレディースデー、メンズデーで特定の曜日に電子書籍が20%オフになるというサービスがあります。

 

 

U-NEXTのように1200ポイント使用後に40%オフというサービスが常時発動している電子書籍サイトはありません。

 

 

詳細は公式サイトの『ポイントバックプログラム』を参照ください。

⇒ポイントバックプログラムを読んでみる

 

 

U-NEXTは使いづらいか?『機能』の観点で考察する

スマホ

 

U-NEXTの電子書籍サービスは東芝のBook place事業を引き継いだとはいえ、まだ比較的若いサービスです。(2021年時点でまだ6年目)

 

 

そこで僕が求めていた機能が備わっているかについて項目を挙げていきます。

 

 

U-NEXTの電子書籍はオフラインでも使える?

 

オフラインで使用可能です。

 

U-NEXTは電子書籍をダウンロードすることができます。

 

なお、パソコンではダウンロードできず、パソコンでの利用はオンラインログインしている必要があります。

 

 

U-NEXTの電子書籍はダウンロードには制限がある?

 

電子書籍のダウンロード数に制限はありません。

 

スマホあるいはタブレットの容量に依存します。(パソコンの場合はダウンロードできない)

 

ただし、期間限定作品だった場合はその期間までしか読むことはできません。

 

読み放題の雑誌類の場合は次号配信までの間のみ閲覧可能。

 

 

U-NEXTのアプリは使いやすいのか?不満点はないのか?

 

電子書籍のみを読みたい、というのであれば、U-NEXTはVODサービスという面もあるので、少し億劫かもしれない。

 

 

自分が買ったブックに関しては『マイページ』⇒ブック⇒『購入済み』を選ばないといけませんし、

 

電子書籍サイトの華ともいえるマイ本棚についてはU-NEXTにはありません。

 

 

書籍を読むことが目的なので無くてもいいと言えばいいんですが、結構大事なところです。

 

 

なお、U-NEXTには電子書籍リーダーという物はありません。

 

 

U-NEXTの電子書籍はファミリーアカウントを使ってもプライバシーが守られるか?

 

U-NEXTにはファミリーアカウントという子アカウントを3つ作る機能があります。

 

ですが、親アカウントと子アカウントは視聴履歴や購入履歴などが別で完全に独立しています。

 

なのでしっかりとプライバシーは守られます。

 

 

U-NEXTは解約後も漫画が読めるか?

 

解約後でも漫画を読むことはできる。

 

ただしアカウントが消滅する『退会』ではそれはできない。

 

 

 

U-NEXTのには読みたい漫画がない?『ラインナップ』についていい点と悪い点は?

 

U-NEXTの取り扱い電子書籍数は570000冊です。

 

 

メジャーどころはそろっており、書店にあるレベルの漫画は間違いなくあります。

 

 

あえて弱いなと感じるのはネットのweb系作品だったり、出版社オリジナルの漫画なんかがラインナップに加わるのが遅い・・・というかない場合があります。

 

 

アニメ化・ドラマ化・映画化した漫画は間違いなくある

 

U-NEXTの漫画ラインナップについては、ブームになったもの、あるいはこれからブームになるものが必ずあります。

 

その一部を紹介していきましょう。

 

 

 

U-nextで扱っている人気漫画1位 『鬼滅の刃』

U-NEXT_鬼滅の刃

漫画名 鬼滅の刃
作者 吾峠 呼世晴
出版 集英社
あらすじ 時は紀元前――。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、500年の大戦争時代。苛烈な戦乱の世に生きる少年・信は、自らの腕で天下に名を成すことを目指す!! 2013年、第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞!

 

U-nextで扱っている人気漫画2位 『キングダム』

U-NEXT_キングダム

漫画名 キングダム
作者 佐伯俊
協力 森崎友紀
出版 集英社
あらすじ 時は紀元前――。いまだ一度も統一されたことのない中国大陸は、500年の大戦争時代。苛烈な戦乱の世に生きる少年・信は、自らの腕で天下に名を成すことを目指す!! 2013年、第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞受賞!

 

U-nextで扱っている人気漫画3位 『呪術廻戦』

U-NEXT_呪術廻戦

漫画名 呪術廻戦
作者 芥見下々
出版 集英社
あらすじ 類稀な身体能力を持つ高校生・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)は、病床に伏せる祖父の見舞いを日課にしていた。だがある日学校に眠る「呪物」の封印が解かれ、化物が現れてしまう。取り残された先輩を救う為、校舎へ乗り込む虎杖だが!?

 

U-nextで扱っている人気漫画4位 『進撃の巨人』

U-NEXT_進撃の巨人

漫画名 進撃の巨人
作者 諫山創
出版 講談社
あらすじ 手足をもがれ、餌と成り果てようと、人類は巨人に挑む!! 巨人がすべてを支配する世界。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいた。だが名ばかりの平和は壁を越える大巨人の出現により崩れ、絶望の戦いが始まってしまう。

 

U-nextで扱っている人気漫画5位 『東京卍リベンジャーズ』

U-NEXT_東京卍リベンジャーズ

漫画名 東京卍リベンジャーズ
作者 佐伯俊
出版 講談社
あらすじ ダメフリーター花垣武道は、ある日ニュースを見ていると、最凶最悪の悪党連合”東京卍會”に、中学時代に付き合っていた人生唯一の恋人が殺されたことを知る。壁の薄いボロアパートに住み、レンタルショップでバイトしながら6歳年下の店長にこき使われる日々。人生のピークは確実に彼女がいた中学時代だけだった……。そんなどん底人生まっただ中のある日、突如12年前へタイムリープ!!恋人を救うため、逃げ続けた自分を変えるため、人生のリベンジを開始する!!

 

広告に流れている漫画の取り扱いは?

 

U-NEXTでは基本的には広告に流れているような漫画は取り扱っていると考えてOKです。

 

グロかったり、エッチだったりして異様に目を惹いてつい読みたくなりますよね。

 

 

どうしてもなかった場合は諦めるしかない

 

守備範囲の広いU-NEXTのラインナップですが、それでもない場合は絶対にあります。

 

例えば僕が好んで読んでいたのが、『コミック維新』というweb出版系の作品。

 

U-NEXTにないわけではないのですが、「あ、これ読みたいな」って思ってもない場合のほうが多いです。

 

こういう場合は諦めて取り扱っているところで買うしかありません。

 

それを諦めたとしても、機能、価格、ラインナップのメリットはかなり大きいです。

 

 

 

まとめ:U-NEXTをメインの電子書籍サイトとして使うべき人、使わないほうがいい人は・・・

 

僕は電子書籍サイトとして現在使っているのはコ〇なびなんですが、別にそこじゃなきゃいけないという理由はありません。

 

 

ただシンプルな操作性とダウンロード機能があったから使っているだけです。

 

それで満足はしていたんですが、まとめ買いをした際の料金を考えると・・・。

 

 

メインの電子書籍収集サイトであるコ〇なびを解約状態(漫画だけは読める)にしてU-NEXTを利用したほうがお得だと感じたからです。

 

収集中の漫画もあって、中途半端になってしまうのは心残りですが、それはそれで受け入れたほうがいいかなと今では感じています。

U-NEXTを使う人はこんな人

・動画配信+電子書籍を一つのサービスで楽しみたい人

・メジャーなものさえ読めればいいという人

・漫画収集が趣味で、お得に漫画をそろえたい人

・お気に入りはダウンロードしてオフラインで楽しみたい人

 

逆にU-NEXTを使わないほうがいい人はこちら

U-NEXTを使わないほうがいい人

・コミックの全巻一気買いはしない

・マニアックな漫画が趣味

・動画の視聴は必要ない

・マイ本棚が欲しい

・月額利用料金が高いと感じている。

 

おすすめの記事